理屈よりも、目の前の現実から答えを探しましょう。 - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:キャリアプラン

葉玉 義則

葉玉 義則
キャリアカウンセラー

- good

理屈よりも、目の前の現実から答えを探しましょう。

2008/01/29 17:23
(
5.0
)

ろんさんがどのような本を読まれたかわかりませんが、本の場合、ある事象に
フォーカスし、執筆するケースが多く、埋めきれない行間を、セミナーやその他、
本には書けない(本質的な)内容を、直接やり取りできる場でフォローする、と
いうのが、多くの執筆者のパターンではないかと思います。

大きな時代の流れの中で、旧来の“一人一生一会社”をベースにした人事制度が
崩壊し、年功序列から能力主義へと移り変わる時代の変遷の中で、個人的なパフ
ォーマンス能力を高めざるを得ない就職市場を通し、ろんさんの読まれた本にある、
「今は明確な志望動機を持って入ってきている」というスタンスを奨励する傾向が
多く見受けられるようになってきた、というほどの意味で、執筆者の方は、お書き
になっているのではないでしょうか。

現実的に、ここ数年、私が人事として多くの方の面接をしてきた感想としては、
マニュアル的な受け答えに終始する方の方が多く、自分自身を客観的につらまえた
上で、明確なヴィジョンをもって面接にこられた方は、ほぼ、いらっしゃいません
でした。

逆に、そういう方であれば、漠然と面接を受けに来るような事はなく、もっとスマ
ート、したたかに、自身のステップアップをこなされるのではないかと思います。

また、会社がどういった採用項目を掲げようと、その通りの人材が来てくれるほど、
企業にとっても、求人事情はそれほど甘い(簡単な)ものではありません。

しろさんの問いかけが漠然としたものなので、どこまで疑問にお答え出来たのか、
心配なところではありますが、一つだけ言えるのは、身の回りにあふれている情報の
一つ一つに踊らされることなく、大局的に物事の本質を見極めるには、理屈で考える
よりも、目の前で見聞きしている現実(日々の生活)から直観的につかみとる方が、
より正解に近いのではないかと言う事です。

しろさんのご健勝と今後のご活躍を心よりお祈りしております。

補足

※ 一部の個所でお名前を間違ってしまいました。他意はありません。
  単純ミスです。申し訳ございませんでした。

評価・お礼

ぺんぎんはうす さん

改めて、ご丁寧にご回答頂戴しまして、感謝いたします。

(1)“こらえ性”が失なわれてきている
(2)周りの環境を自分の成長につなげようという意識が希薄
(3)両親や祖父母の援助が厚い

それぞれ連鎖している事柄でもあるかと思いますが、これらのそもそもな要因が最も気になります。(3)があっての(1)なのか、なぜ、(3)のように援助を厚くしてしまうのか・・・。まさに、様々な社会環境が関連しているところなのでしょう。

お忙しいところ、有難うございました。今後も葉玉様のコラムも拝読させて頂きます。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

年功序列システムの崩壊だけが原因?

キャリア・仕事 キャリアプラン 2008/01/29 15:41

バブル期以降、求職者が「今は明確な志望動機を持って入ってきている」という事をある書籍で読みました。
その原因は、年功序列システムの崩壊との事です。

様々な要因が重なってある現状かも… [続きを読む]

ぺんぎんはうすさん (東京都/29歳/女性)

このQ&Aの回答

このQ&Aに類似したQ&A

東京で働く意味とは? あるくさん  2016-06-08 22:39 回答1件
子育てしながらのキャリアアップ転職について たままきさん  2010-02-10 11:44 回答2件
再就職したいです(職種:PG) Arioさん  2009-11-23 18:46 回答2件
技術系サラリーマンのキャリア開発の方向性は? nishi00さん  2008-12-30 21:05 回答1件
妊娠したら産休・育休取得後復帰か退職か HANAPUAさん  2014-02-17 22:46 回答1件