不度運投資はお勧めできません - 吉野 充巨 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
吉野 充巨 専門家

吉野 充巨
ファイナンシャルプランナー

- good

不度運投資はお勧めできません

2006/11/22 14:31

ご質問を有難うございました。FPの吉野です。
まず最初のお答えとして、不動産投資は必要資金も多額でその割りに収益率が低いのでお勧めできません。(私の経験から自信を持ってお答えします)
ご質問の主旨は45歳までの貯蓄で46歳以降は資産から得る収益だけで生活するものと捉え、投資考え方と計算方法をお答えします。
まず46歳から必要とされる生活資金+非常用確保金額を計り、45歳終了時の保有資産額を算出します。そしてその金額を10年間で確保できる運用を考えます。仮に45歳以降の運用利率を3%と抑え、生活費が年間420万円(税金等で収益の70%)必要と仮定すると、45歳終了時に約1億4000万円の保有資産が必要です。今後10年間、毎年の積立額を250万円(年収800万円-400万円×約60%)が可能な場合で、運用利率12%で1億4,000万円が達成できますが、極めてリスクが高い運用が必要となります。毎年の積立金額を400万円に変更しても10%以上の運用利率が必要です。
一方5年投資期間を延長し収益期間の運用率も5%を目指すと、必要金額は約1億円に減額され、投資期間の目標運用率も5%になります。このように資産運用だけで生活する期間と金額で様々なパターンが考えられます。
また、現在の3000万円の投資先は、期待する収益率との関係で、米ドルとのリンケージを強くなさっているのだと考えますが、円高になった場合と米国の株価が下降した場合には減少が強く現れる資産配分です。過去1980年から2004年まで、日本株式、日本債券、海外株式、海外債券に25%均等に投資した場合平均利回りが約7.6%とのデータもあります。その運用が期待される資産配分を幾通りか提案しますのでKN様の判断で投資ください。
まず何よりも45歳後の生活に必要な資金額を把握され、それに見合うリスク・リターンをとるようお勧めします。宜しければ私のホームページも参照下さい。

回答専門家

吉野 充巨
吉野 充巨
( 東京都 / ファイナンシャルプランナー )
オフィスマイエフ・ピー 代表
03-6447-7831
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

今日よりも、明日を豊かに過ごすためのライフプランを提案します

お客様から「私のFP」「我が家のFP」と言われるよう、日々研鑽奮闘中です。お客様とご家族のライフデザイン(生き方や価値観)とライフ・プラン(暮らし方)を実現するためにファイナンシャル・プランニングと資産運用を通じて応援します。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

経済的自由

マネー 投資相談 2006/11/21 09:21

大手電機メーカーに勤務する34歳です。45歳までに経済的自由を手に入れて独立するのが目標です。独立後は起業を考ていますが、リスクを最小限に抑えるため、遠回りでも、先ずは自己資産からのキャッシュフローで生活できる… [続きを読む]

KNさん

このQ&Aの回答

ライフ・プランニング 小林 治行(ファイナンシャルプランナー) 2006/11/22 01:24

このQ&Aに類似したQ&A

個人年金保険について うらじさん  2009-03-08 20:45 回答3件
個人年金保険について うらじさん  2009-03-08 20:44 回答5件
資産運用を始めるにあたって Spyderさん  2013-01-22 16:50 回答2件
今保有の投資信託をどうすればいい? genki-mamaさん  2011-10-05 17:22 回答5件
安全にキャッシュフローを増やしたい。 hakuhanabiさん  2012-03-17 23:15 回答3件