”クロスメディア”という言葉に囚われないで - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
谷口 浩一

谷口 浩一
Webプロデューサー

- good

”クロスメディア”という言葉に囚われないで

2008/01/27 10:03

異なる媒体を使って相互補完するプロモーションの考え方は、実は昔からあります。

こんにちは。
チームデルタの谷口です。

TV、ラジオ、雑誌、新聞、CDなど複数の媒体のそれぞれの特性と、プロモーションの対象との相性から、有効な組み合わせと配分を考えるという、ビジネスの当たり前の行為ですから。

インターネットの商用利用開始以降、従来のメディアの中でも特にWebのポジションに注目が集まるようになったことが、”クロスメディア”新時代の幕開けと言えるかもしれませんね。
日本では「携帯」の利用が高度に進んでいるので、こちらもメディア戦略では重要なファクターになるかもしれません。

メディア戦略への取り組みに苦労されているなら、まず、仮説/シナリオを立ててみたらどうでしょう?
難しく考えないでください。

紙だったら、どういう経路をたどって誰に届くのか。
同じく、Webだったら、どうなのか。
それらを目にする人たちは、貴社(の商品/サービス)にどういう印象を持つか?
貴社の業態、取り扱い商品/サービスの特性なら、どのメディアが有効か?
単独? クロスメディア?

どんなプロファイルの持ち主で、彼らは、どうやって、その情報にたどりつくか。
ペーパーから入ってきた人に向けて、他のメディアに誘導して付加価値を提供する方法は?
Webから誘導された人に、より訴求するために他のメディアは活用できないか?

などなど。
いろんなアプローチからシナリオが描けるはずです。

戦略立案には、各メディア特性と有効性を充分に理解するディレクターが必要です。
業者の手を必要とするなら、ワンソースマルチユースで制作予算を効率的に配分し、各メディアに横断的に、そして、インタラクティブに展開する戦略を提示でき、制作までワンストップで行える業者を見出すこと。
これがポイントです。


ご参考になれな幸いです。

成功するWeb戦略とホームページ制作のチームデルタ
谷口浩一
 

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

クロスメディア注目の背景と展開する際のポイント

法人・ビジネス Webマーケティング 2008/01/25 10:10

中小企業でマーケティングを担当しています。プロモーション戦略に悩んでおり、弊社においても、クロスメディアマーケティングの展開を考えております。クロスメディア注目の背景と展… [続きを読む]

All About ProFileさん

このQ&Aの回答

狙いたいターゲットを見定めて 小坂 淳(ITコンサルタント) 2008/01/25 20:43
AIDAモデルとの関係 岡本 興一(ITコンサルタント) 2008/01/30 09:22
注目される理由 2008/01/28 17:14

このQ&Aに類似したQ&A

更新されない社長ブログは廃止するべきか? 専門家プロファイルさん  2009-04-16 14:58 回答5件
地域では強い店舗のネットショップ全国展開について 専門家プロファイルさん  2008-01-31 19:10 回答9件
コミュニティサイトの作り方について 専門家プロファイルさん  2008-01-11 10:30 回答8件
クロスメディアとマルチメディアの違いは? 専門家プロファイルさん  2007-12-20 17:55 回答3件
リッチコンテンツはWeb広告として有効ですか? 専門家プロファイルさん  2007-12-20 17:55 回答2件