ナッシングの原因 - 吉野 充巨 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

吉野 充巨 専門家

吉野 充巨
ファイナンシャルプランナー

- good

ナッシングの原因

2008/01/24 00:17
(
5.0
)

tomozo様 初めまして。オフィス マイ エフ・ピーの吉野充巨です。

日本の経済力が弱くなり、諸外国から見て日本に投資する魅力が無くなってきた状況を指します。

80年代のバブル時代には、日本の株式の時価総額が世界の70%を占める時代から、現在では10%をきるところまで低下、GDPも世界シェアの10%をきるところまで落ちている状態により、外資の投資先から外れる様子を言葉に表したものです。

私が捕らえているパッシング、ナッシングの原因は、
諸外国から、日本全体が改革から逆行して内向きになっている、改革が進んでいないと見られているためです。
例えば、
・小泉内閣が進めてきた規制改革がなし崩しに後退している。
・外資に買収されないための対抗策を導入したり、再度企業同士の株式の持合が始まっている。
・株式市場の整備が遅れて、外資の受け入れを拒む姿勢が見えてきた。
・ばら撒き行政の復活で国家財政の赤字が増える。⇒昔の日本に戻りつつある。
・日本に投資するよりも、中国、インド、東南アジアの国々に投資したほうが収益が上がる。
等々、日本経済の魅力が無くなり外資が投資を引き上げ始めたことを指します。

また、外交政策の稚拙さや、環境問題への関心の薄さ、ODAへの資金提供が減額された等々の要因から日本に期待が出来ないということもナッシングの一因です。そして政局だけで駆け引きに終始している政治の対応も諸外国からは、経済に対する無関心と取られています。

以上の諸要因から、日本への関心の薄さや、外資が投資しない状況になっています。

評価・お礼

tomozo さん

ご回答ありがとうございます。
投資・運用という言葉を目にする機会がここ数年で急激に増え、日本の株式市場が成長発展をしているのかと思っていましたが、まだまだ諸外国からは遅れているのでしょうか。

「どこどこの株を持っている」「持っていないから関係ない」だけではない、政治政策にもっと強い関心を持たなければと改めて痛感しました。

回答専門家

吉野 充巨
吉野 充巨
( 東京都 / ファイナンシャルプランナー )
オフィスマイエフ・ピー 代表
03-6447-7831
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

今日よりも、明日を豊かに過ごすためのライフプランを提案します

お客様から「私のFP」「我が家のFP」と言われるよう、日々研鑽奮闘中です。お客様とご家族のライフデザイン(生き方や価値観)とライフ・プラン(暮らし方)を実現するためにファイナンシャル・プランニングと資産運用を通じて応援します。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

ジャパン・パッシング? ナッシング?

マネー 家計・ライフプラン 2008/01/23 22:28

先日のニュースで「ジャパン・パッシングが続き、ついにはジャパン・ナッシングになってきている」というコメントを聞きました。
そもそも何が原因の、どういった現象なのでしょうか?

tomozoさん (神奈川県/26歳/女性)

このQ&Aの回答

ジャパン・パッシングが正解 渡辺 博士(ファイナンシャルプランナー) 2008/01/24 01:38
直接買い付け? 2008/01/26 13:10

このQ&Aに類似したQ&A

生活環境の変化で…家計診断お願い致します kokomeiさん  2014-03-05 20:59 回答3件
家計診断お願いします。 へちまさん  2014-01-09 01:46 回答2件
貯蓄をベースに考えるべきか投資を増額すべきか topo200さん  2013-02-06 08:15 回答1件
繰上返済の注意点は? カエルゲコゲコさん  2011-09-30 19:34 回答3件