500万以下10%、超には本則税率、20%源泉徴収されます - かやはし 陽子 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
かやはし 陽子 専門家

かやはし 陽子
ファイナンシャルプランナー

- good

500万以下10%、超には本則税率、20%源泉徴収されます

2008/01/23 06:10

urante様、はじめましてかやはし陽子と申します。

証券税制についてですが、
H15年度の申告不要制度の創設に伴い、
他の所得と区分し税金を計算、申告分離課税制度となっています。

株式等譲渡益は、
1年間(1月1日〜12月31日)に売却した損益の合計金額に、
税率をかけて税金を計算します。

また、特定口座取引の源泉徴収口座を選択により、
年間取引譲渡損益について、原則確定申告は不要となっています。


これが申告分離課税ですが、
この納税方式において、今回改正ありませんので、
従来と同じ扱いと理解しております。

ただ、
今回の税制改正大網の中、
優遇税率(10%)の適用期間をH20年12月末日で廃止。

特例措置として、
年間500万以下に限り上場株式等の売却益について
H22年12月末迄10%の税率として延長されてます。

urante様は、
特定口座源泉徴収選択をされておられるのですから、
納税に必要な年間の売買損益計算や年間取引報告書等
作成を証券会社が行いますし、

売却益を得た場合
証券会社が500万以下の部分について10%の税率により
源泉徴収を行い、これで課税関係が終了、申告不要です。

譲渡益が500万超場合、
500万以下の部分に10%、
500万超の部分は、本則税率20%が適用、源泉徴収。
これについても課税関係は終了です。

この度の改正内容については
そのようにご理解して頂ければいいのではないかと思います。
ご自分での確定申告は不要だと思われます。

ただし、
他の口座での譲渡損益と通算する場合
上場株式等の譲渡損失の繰越控除特例適用を受ける場合、
確定申告の必要があります。(国税庁)
とあり、

複数の特定口座を有する場合、
確定申告必要なケースとして列挙はされているようです。

つまり、複数口座合計500万以下で
10%納税されていたとしても原則確定申告は必要となるようですね。

詳細は、
税理士の先生方にお尋ね下さい。

回答専門家

かやはし 陽子
かやはし 陽子
( 大阪府 / ファイナンシャルプランナー )
かやはし陽子FP事務所 株式会社DownToEarth代表取締役
0797-81-3693
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

1つ1つの“気づき”が、人生を大きく変えます

「自分の財産は自分で作る! 守る!」意識が必要です。「知識」が「意識」を変え、強いては人生を大きく変えます。一度限りの人生を「納得」できるものとしたいですね。 信頼をベースに、求められるファイナンシャルプランナーでありたいと思います。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

株式の譲渡益で生計を立てている者です。2009年度より、新証券税制に移行する訳ですが、現在の案では、特定口座(源泉徴収有り)ですと、源泉徴収は10%のままで、年間譲渡益500万円以… [続きを読む]

uranteさん

このQ&Aの回答

源泉徴収口座の源泉徴収税率は10%だと思われます 杉浦 恵祐(ファイナンシャルプランナー) 2008/01/23 17:24
所得は全て把握されそうです。 大黒たかのり(税理士) 2008/01/23 17:32
証券税制について 佐々木 保幸(税理士) 2008/01/27 04:31

このQ&Aに類似したQ&A

個人事業主の株式投資の税金について。 悩める妻。さん  2008-10-23 12:27 回答1件
専業主婦が複数証券会社で特定口座を持つ場合の確定申告 うさぎどしさん  2011-02-21 13:56 回答1件
贈与株の取得価額と確定申告について ことんさん  2008-01-29 00:36 回答2件
公募株式投信の収益分配金 海老蔵さん  2009-07-13 16:48 回答2件