役割を変えるタイミングかもしれません - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
藤島 淑子

藤島 淑子
経営コンサルタント

- good

役割を変えるタイミングかもしれません

2008/01/18 15:39

部下の「能力を伸ばす」方向性は、大きくは2つ。

 1.同じ役割で、担当する業務の量を増やす/質を高める
 2.役割を全く変えてしまう

です。


この部下の方は、能力も高く、仕事をたくさん抱えているということで、今の役割では十分成長しきってしまったのではないでしょうか。

だとすると、これ以上は、2.に方向転換し、マネジメント的な役割を期待していくのが良いのではないかと思います。(本人が合意すれば、ですが。)


マネージャーになると、「任せる」というのが重要な役割になり、今までのような「抱え込む」ことは良しとされません。

そういう意味で、本人にとってはある意味パラダイム転換ですが、そこで時間の使い方や仕事の仕方等に改めて頭を使うようになり、これまでのワークスタイルを変える必要性を自分自身で認識できると思います。


おそらく現場のキープレイヤーでしょうから、短期的に見ると、会社にとっては業績に影響し、組織は混乱し、本人はストレスを溜め・・・という事態に陥るかもしれません。

でも、最終ゴールは、このような優秀な人の力やノウハウを組織に展開し、組織全体で成長していくことなので、マネジメントの役割にシフトしていくことは、長期的に見れば、会社・組織・本人にとってWin-Win-Winの状態を作れると思います。


まずは、会社側も本人も、役割に関する認識を転換することから始めてみてはいかがでしょうか。



ただし、一つ大切なのは、メンターをちゃんとつけること。

この方のように自分で抱え込む傾向がある人の場合は、新しい仕事に就いたとき、必要以上のストレスや悩みを抱え込むことも考えられます。

ですから、何でも気軽に相談できるメンターが重要な役割を担うと思います。


あるいは、上司が今まで以上に、少し介入してあげるのでも良いと思います。

この方を一段高いレベルの人材に育て上げるためにも、組織として万全のバックアップ体制を整えることが大切だと思います。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

自己管理で燃え尽きを防ぎたい

スキル・資格 ビジネススキル 2008/01/18 10:25

意欲があり過ぎるせいか、仕事を抱えすぎる社員がおります。能力も高く、締切などで他に迷惑をかけることはないのですが、本人の体調が厳しそうで、燃え尽きないか心配です。せっかくの意欲を失わせずに… [続きを読む]

All About ProFileさん

このQ&Aの回答

このQ&Aに類似したQ&A

社員のマンネリを改善し、モチベーションUPする方法 専門家プロファイルさん  2009-01-29 10:50 回答4件
部署全体のモチベーションが低下気味です 専門家プロファイルさん  2008-02-29 02:20 回答5件
読み手に響く企画書作成のコツ 専門家プロファイルさん  2008-09-25 14:47 回答1件
論理的思考を身につけ、実践でいかすには? 専門家プロファイルさん  2008-05-08 10:40 回答2件
モチベーションがあがりません 専門家プロファイルさん  2008-02-29 02:20 回答4件