「経年美」と言う考え方 - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:住宅設計・構造

鈴木 克彦

鈴木 克彦
建築家

- good

「経年美」と言う考え方

2008/01/18 13:47

自然素材だからと言って、設計や間取りが変わってくると言うことはないでしょう。

でも、是非採用前にご理解頂きたいのは、''「自然素材=メンテナンスフリー」''ではないと言うことです。

その意味では、''考え方''に違いがある、と思います。


最近流行の塗り壁にしても、塗り壁=自然素材ではありません。

塗り壁でも、合成樹脂を多く含む物もあり、自然素材100%となると、少数派だと思います。


合成樹脂は弾性を増すために入っている場合が多いので、合成樹脂が入っていれば、ヒビ(いわゆるクラック)がおきにくい代わりに、施工時にはやはり刺激臭がしますし、ライターなどを近づけると、ビニールが焼ける臭いがします。


塗り壁だけでなく、木や石なども、時と共に変化します。

つまり経年変化です。


経年変化を、「汚い」「汚れている」と感じる場合には、自然素材をお勧め出来ません。

作った時が100%キレイで、だんだん汚れてきたらまたピカピカの新しい物に変えたい、
出来ればいつもピカピカでいたい、
手をかけずにピカピカを長持ちさせたい、
それは''新建材''の考え方です。


例えば木の柱一つとっても、日に当たれば茶色くなってくるし、外部に使って雨風に当たれば、灰色に変わります。

反りやヒビも入ります。

自然素材のオイルやワックスなどのメンテナンスも必要です。


これらは、''経年変化''ですが、同時に、時と共に味わいを増す、''経年美''である、
と私は思っています。

傷一つ・汚れ一つも、家族の足跡、
そんな風に感じられる方に、是非自然素材の家の良さを味わって頂きたいですね。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

自然素材の家づくりとは?

住宅・不動産 住宅設計・構造 2008/01/18 10:25

家の建て替えにあたり、家族が健康で過ごせる家をと、自然素材を使った家作りを検討しています。自然素材でお願いする場合と、一般的な家づくり、l設計や考え方に違いがあるのでしょうか?

※この質問は、ユーザーの方から事前にいただいたものを、専門家プロファイル が編集して掲載しています。

All About ProFileさん

このQ&Aに類似したQ&A

自然素材としての国産木材と輸入木材の違いって? 専門家プロファイルさん  2007-12-06 18:00 回答7件
犬と暮らす住宅づくりのポイントは? 専門家プロファイルさん  2005-11-21 00:00 回答3件
二世帯住宅を建てるポイントは? 専門家プロファイルさん  2005-11-21 00:00 回答7件
ガレージ住宅の設計料、施工料について 専門家プロファイルさん  2008-11-13 12:55 回答5件
一般の住宅と別荘の違いや注意すべき点は? 専門家プロファイルさん  2008-06-26 11:52 回答10件