ライフプランを細かく検討すること - 渡辺 博士 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
渡辺 博士 専門家

渡辺 博士
ファイナンシャルプランナー

- good

ライフプランを細かく検討すること

2008/01/15 16:31
(
5.0
)

ファイナンシャルプランナーの渡辺博士です。

奥様が働き出してから、どの位収入が増えるかがポイントでしょう。
現状は恐らくこれからの新生活の不安があると思います。
そのため、お子さんの成長は待ってはくれないわけですから、支出の重きは教育資金になると思います。

今の貯蓄は急場のための資金としての性格が強いため、安全性の高い金融商品がいいと思います。
ネット定期やMMF、国債も視野に入れてみましょう。
それこそ分散投資の発想で、使い道を考慮して3つに分けてみるのもいいと思います。
比較的流動性に長けているのはMMFです。

又、毎月積立を1〜2万円お考えの様子でしっかりされていると思いますが、これは長期的な視野をもってお子さんの成長を考慮すると、やはり投資信託です。

短期的な取引ではないので、新興国での資産運用をお勧めします。
アクティブ運用を多少しても毎月の金額から考えると、むしろ積極的に運用した方が有利に働きます。できれば1万円づつ2銘柄の投資をお勧めします。

住宅については10年先の話しですから、今はたね銭づくりの方が先決です。
その後奥様が働けるようになったら毎月の積立額を増額し、もっと積極的な資産運用を考える方がいいと思います。

まずは一家の収入は、ごっちんさんが重要なポジションにいますので、一生懸命に働いて生活にゆとりを持てるようにがんばって下さい。

毎月の積立額は他の支出の一部ですから。

評価・お礼

ごっちん さん

ご回答ありがとうございます。
新興国の投資信託をドルコストで行うということですね。教育資金は長期になるため他の方法論と合わせて検討したいと思います。

回答専門家

渡辺 博士
渡辺 博士
( 神奈川県 / ファイナンシャルプランナー )
ワタナベマネークリニック ファイナンシャルプランナー
046-276-9328
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

マネーリテラシー向上で、家族みんなを幸せに!

ファイナンシャルプランナーは保険や金融商品を売るのが本業ではありません。将来の不安を解消する良き相談相手として、将来のライフプランを実現させるお手伝いを致します。マイホームの購入、子供の大学受験や定年退職などに備えられる提案を致します。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

住宅資金と教育資金

マネー お金と資産の運用 2008/01/15 15:03

こんにちは。
35歳・男性・会社員です。(妻29歳・子0歳)
昨年末、子どもが生まれたのを機に東京から地方へ引越しました。
年収は650万から450万へ下がり、預金も減っています。
預金200万、月々の貯蓄3万/月… [続きを読む]

ごっちんさん (福島県/35歳/男性)

このQ&Aの回答

ライフプランをシミュレーションしてみるのがベスト 照井 博美(ファイナンシャルプランナー) 2008/01/15 15:29
ライフプラン作成のお勧めと資産配分案です 吉野 充巨(ファイナンシャルプランナー) 2008/01/15 15:56
パートナーは大切です。 吉野 裕一(ファイナンシャルプランナー) 2008/01/15 18:28

このQ&Aに類似したQ&A

資産運用について 猫娘さん  2007-07-19 14:48 回答3件
運用したいのですが ゆうくんさん  2008-10-14 00:38 回答3件
資産運用について はるかママさん  2008-06-19 17:28 回答7件
資産運用 しんさくさん  2008-04-25 22:07 回答8件
3つの財布の分け方が決まりません デイジー2さん  2007-11-04 01:57 回答5件