社長に聞け、そして自分に聞け - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:経営コンサルティング

社長に聞け、そして自分に聞け

2008/02/29 14:51

ジャイロ総合コンサルティング株式会社 大木ヒロシです。

社長に聞け、そして自分に聞けが実践的な考え方と思考のポイントになります。

マーケティング、ブランディング、パブリシテイー、SEO等々、全ては企業の経営戦略の一環としてあるわけです。特にマーケティングの場合は潜在化している可能性を具体的かつ数量的に把握し、その実効化への過程を指し示すものと考えて良いでしょう。

経営戦略は企業としての目的と目標達成のためにありますが業務遂行には必ず限界があります。極端な言い方をすれば「できる事しか出来ない」のが企業なのです。

要するに情報も企画もそれ自体に価値はありません。それを実際に実施できてこそ価値が発生するのです。ですから社内的な限界と限定を掴みきれないままマーケティング戦略構築が行われても全く意味を持ちません。

マーケット確認の前に自社の目的と目標そして社長(経営)の意向を確認し反映することが不可欠なのです。
 
自分に聞けというのは、企画立案者自体がユーザー的側面を必ず持っていると言って良いからです。

そのために自らの企画書を自らがユーザー又はクライアントの立場から点検する事がプレゼンを成功させるポイントになります。

企画書・提案書は作成して一晩寝かせてから翌朝、コーヒーでも飲みながら距離を置いて見てみると抜けや勘違いそして付け足しがクリアーになります。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

マーケティング戦略の考え方

法人・ビジネス 経営コンサルティング 2008/01/11 10:30

ベンチャー企業で広報・マーケティングを担当しています。ブランディング、パブリシティ、SEO、その他広告などの手法は熟知しているつもりですが、大枠の考え方のようなものをつかめきれていません。仕事… [続きを読む]

All About ProFileさん

このQ&Aの回答

自社の強み、お客様見極め、売れる仕組みがキーワード 阿部 龍治(経営コンサルタント) 2008/04/02 05:39
オブジェクト指向型の戦略立案をお勧めしています。 ウジ トモコ(アートディレクター) 2008/01/17 23:52
市場戦争でマーケティングの4Pを! 田邉 康雄(経営コンサルタント) 2008/02/01 20:59

このQ&Aに類似したQ&A

Web制作会社の今後の経営戦略は? 専門家プロファイルさん  2008-10-16 18:14 回答5件
環境経営やエコによるCSRは、サービス業にも有効か 専門家プロファイルさん  2009-01-29 10:50 回答4件
社外取締役の果たす役割とは? 専門家プロファイルさん  2006-09-15 03:08 回答2件
経営戦略の種類と特長 専門家プロファイルさん  2006-09-15 03:08 回答3件
専門家のアドバイスを、社長に受けさせる方法 専門家プロファイルさん  2009-04-30 19:08 回答6件