確実性をとるか、可能性をとるか - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
山中 伸枝

山中 伸枝
ファイナンシャルプランナー

- good

確実性をとるか、可能性をとるか

2008/01/04 21:29

ろうごさま

ファイナンシャルプランナーの山中伸枝です。

国民年金基金は、将来受け取れる年金額が予め約束されている制度です。(約束といっても、お国の都合で変更になる可能性がないわけではありませんが・・・)それに対し、確定拠出年金は、自分自身で創り出す年金です。確実性をとるか将来性をとるかの選択ともいえるでしょう。

もし今後将来のための備えとして毎月の積立額の増額を考えていらっしゃるのであれば、確定拠出年金と基金両方の制度を利用することも可能です。月掛けの上限が合計6万8千円であれば、併用は可能です。

尚有料相談になりますが、確定拠出年金運用のご相談もお受けしております。個別面談であれば、住宅ローンとの兼ね合いや、資産全体からのアドバイスをさせていただくことが可能です。ご検討下さいませ。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

国民年金基金の増額について

マネー 年金・社会保険 2008/01/03 20:58

 44歳の個人事業主で子供はいません。老後のために国民年金基金に入っていますが、将来支給される金額を増やそうと、現在、掛け金の増額を検討中です。国民年金基金以外の選択肢として、確定拠出年金、民… [続きを読む]

ろうごさん (千葉県/44歳/男性)

このQ&Aに類似したQ&A

個人年金、国民年金基金、確定拠出年金について さくやこのはさん  2016-09-09 11:35 回答1件
確定拠出年金資格喪失後の移換について 茉莉花茶さん  2011-09-01 13:45 回答2件
確定拠出年金と個人年金保険 とやまんさん  2009-11-07 15:49 回答1件
個人事業主の妻が就職したときの社会保険 hiyokonokoさん  2013-10-19 09:07 回答1件