万が一のためのリスクヘッジを - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
涌井啓勝

涌井啓勝
不動産コンサルタント

- good

万が一のためのリスクヘッジを

2006/11/02 12:47
(
4.0
)

はじめまして、コアの涌井です。

金利については7年以上の固定になりますと金利もやや高めですから5年以内の固定が妥当ではないでしょうか?

それよりも気になるのがご親戚の保証人になっているということですので、保障期間が終了するまではあまり繰り上げ返済でローン残高を減らさない方が良いでしょう。

現在貯蓄しているものも奥様名義にするなどして万が一最悪の事態が起きたときに備えたリスクヘッジをお勧めします。

評価・お礼

nokko さん

主人とも相談し、5年の固定で手続きをしました。お忙しい中、アドバイスありがとうございました。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

住宅ローン固定金利の年数選択について

マネー 住宅資金・住宅ローン 2006/10/31 17:40

こんにちは。はじめて質問させて頂きます。25年の住宅ローンを組んで、4年経ちました。会社から直接借りているもの(借入残高1280万円)と会社の提携銀行からの借入(借入残高1680万… [続きを読む]

nokkoさん (東京都/39歳/女性)

このQ&Aに類似したQ&A

住宅ローン選びのアドバイスお願いします hiromisaruさん  2008-07-30 10:24 回答3件
住宅ローンの選択 たーさんさん  2006-11-01 05:45 回答2件
住宅ローンの選択(変動 vs. ミックス)で悩んでいます ロロ・トマシさん  2011-06-26 22:01 回答2件
会社の倒産 自己破産 住宅ローン yochimamaさん  2010-03-16 18:23 回答2件
住宅ローンの選び方が分かりません。 bunbun18さん  2010-02-17 12:29 回答3件