住宅財形の件 - 渡辺 行雄 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
渡辺 行雄 専門家

渡辺 行雄
ファイナンシャルプランナー

- good

住宅財形の件

2007/12/26 11:38
(
5.0
)

Tommy-Uさんへ

はじめまして、個別相談専門のファイナンシャル・プランナーとして活動しています、渡辺と申します。

住宅財形につきましては、上限が550万円となりますので、選択肢の中の1.または2.のどちらかでよろしいと考えます。

住宅購入は5〜10年後であってかつ、ローンを組む額を少なくしたいということですから、引き続き毎月の積み立ては行うことになります。

一般財形貯蓄や、給与振込口座のある金融機関で自動積立定期預金を始めると、毎月確実に貯蓄することができますので、効率的に頭金準備ができると考えます。

以上、ご参考にしていただけますと幸いです。
リアルビジョン 渡辺行雄

評価・お礼

Tommy-U さん

アドバイスありがとうございました。
財形貯蓄を止める、またはペースを落とす場合にしても、毎月の確実な積み立てが大切、という気持ちを忘れずに、他の積み立て方法についても検討したいと思います。

回答専門家

渡辺 行雄
渡辺 行雄
( 東京都 / ファイナンシャルプランナー )
株式会社リアルビジョン 代表
098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

ご相談をされたお客様が安心して生活できるマネープランをご提供

マイホームの購入資金対策、お子様の教育資金対策、ご夫婦で安心して老後を過ごすための老後資金対策など、人生には幾つものライフイベントというお金に関するハードルがあります。そんなハードルをクリアしていただくためのマネープランをご提供します。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

財形住宅貯蓄について

マネー 税金 2007/12/26 00:46

財形住宅貯蓄と非課税限度額についてアドバイスをお願いします。

入社以来約10年、会社で住宅財形貯蓄を続けております。現在のペースのまま積立を続けると、あと8ヶ月後に550万円に到達しそうです。
今後の… [続きを読む]

Tommy-Uさん (大阪府/34歳/男性)

このQ&Aの回答

考え方はいくつかあると思いますが・・・ 渡辺 博士(ファイナンシャルプランナー) 2007/12/26 02:55
他の財形の活用と毎月積立の投信をお勧めします 吉野 充巨(ファイナンシャルプランナー) 2007/12/26 08:05
今後のアクションプランについて 森本 直人(ファイナンシャルプランナー) 2007/12/26 17:50

このQ&Aに類似したQ&A

住宅ローン、夫婦間の贈与税 ぽんざえもんさん  2015-03-15 20:23 回答1件
報酬金での所得の申告方法 komattayoさん  2009-10-26 16:31 回答1件
住宅ローン控除と税扶養控除について ktoechocoさん  2008-10-21 14:12 回答1件
土地・家屋の持分比率について 眠りぞうさんさん  2008-07-07 12:41 回答1件