私は離婚訴訟をすべきだと考えます。 - 三森 敏明 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

私は離婚訴訟をすべきだと考えます。

2006/10/27 01:41

 ゆみちさん、こんにちは、弁護士の三森敏明です。
 離婚について合意があるなら、裁判において親権者の指定、養育費、財産分与、慰謝料について決めるべきです。多分、裁判での解決にもそれほど時間がかかりません。むしろ、心配なのは離婚後のことです。
 私は、最近、家庭内暴力(DV)の事案について保護機関と連携して刑事告訴をする仕事をするようになりました。そこで、実感することは、DVの加害者は被害者のことを「自分よりも下、弱い存在」と見ているうちは被害は終わらない、ということです。加害者は、法律とか道徳とかで行動するのではなく、動物的な感覚(どちらが強いか)で行動します。そのため、仮に、ゆみちさんが夫の提案というか命令に従い、離婚届を出した場合、夫との力関係が改善されず、かえってそのまま固定することになり、今後、養育費とか財産分与、慰謝料の話し合いなどできなくなります。DVの場合、相手を信頼したり提案に応じたりして行動すべきではありません。もし、DVの内容が経済的DVではなく身体的暴力であり診断書等の客観的証拠があるのであれば、私は離婚訴訟のほかに刑事告訴をお勧めします。ゆみちさんと夫との関係は離婚で終わりかもしれませんが、夫は子供の父であり、子との面接交通権がありますので、今後もゆみちさんは子を通じて間接的に夫とつながることも想定できます。きちんと夫の不正をたたき、力関係が逆転したことを、夫に感覚的に知らしめるべきだと思います。
 確かに、夫は恐いと思います。きちんと対応することに二の足を踏むのも理解できますが安易な妥協は後日の紛争を残すともいえます。そこで、DV事件に明るい弁護士に相談し、弁護士に相談しながら解決することをお勧めします。DV事件に明るい弁護士は女性相談センターなどの行政機関がよく知っていますし、法テラスに相談して見つけることもできるはずです。頑張ってください。

回答専門家

三森 敏明
三森 敏明
( 弁護士 )
ヒューマンネットワーク三森法律事務所 所長弁護士

あたたかみのあるお付き合い。気軽に相談できる身近な弁護士

丁寧な説明と報告、依頼者の納得のいく解決を目指します。100%の力で、全身全霊を尽くして、問題解決に努めます。損害賠償請求事件、債務整理事件、債権執行事件、刑事事件など、あなたのお悩みが大きくなる前に気軽にご相談ください。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

はじめまして

恋愛・男女関係 離婚問題 2006/10/26 23:40

現在1歳3ヶ月の子供を連れて実家に戻り別居中です。
離婚にはお互い同意していますが、金銭的なところで詰まっています。調停時、彼も私も親権を譲らないと言う事で成立せず、離婚裁判をしようと準備をしていましたが最… [続きを読む]

ゆみちさん (埼玉県/32歳/女性)

このQ&Aの回答

このQ&Aに類似したQ&A

慰謝料減額について としゆきさん  2013-05-15 11:42 回答1件
離婚、再婚後の前夫やその母親とのトラブル コキンちゃんさん  2013-03-25 20:51 回答1件
離婚後の慰謝料請求について 稲穂米灸さん  2012-09-14 01:26 回答2件
離婚調停、養育費、慰謝料、親権 mt393939さん  2012-08-27 13:21 回答1件
離婚裁判後の慰謝料・養育費の変更 あやちんさん  2007-11-29 14:14 回答1件