ブランディングの対象によるかも知れません - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ブランディングの対象によるかも知れません

2007/12/25 18:18

企業そのもののブランディングなのか、製品・商品やサービスのブランドなのか、あるいは期間が決まっている特定の対象のブランディングなのか、というように対象となるものによって、リニューアルの方針は変わっていくようです。

共通的には、「操作性を損なわないこと」「最新の技術は一部分でも取り入れていくこと」「旧環境への対応も残すこと」の3つは守られているように見受けています。

デザインの変更は必ず賛成と反対の終わらない議論になりがちです。しかし、消費者側は意外に違うところを見ているケースが多くあります。関係者、業界者のみの視点でのリニューアル方針だけは、避けたほうがいいかも知れません。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

Webブランディングにリニューアルは逆効果?

法人・ビジネス ブランド戦略・ネーミング 2007/12/20 17:55

インターネットを活用したWebブランディングを考えた際には、あまり頻繁にサイトのリニューアルをしない方がよいのでしょうか?同じデザインを使い続けることで認知を高める方法と、最新技… [続きを読む]

All About ProFileさん

このQ&Aに類似したQ&A

ブランディングは形から進めていっても良いのか 専門家プロファイルさん  2008-05-22 10:30 回答10件
Webブランディングとは? 専門家プロファイルさん  2008-01-18 10:25 回答11件
企業のブランドイメージをつくるには? 専門家プロファイルさん  2008-12-11 12:08 回答3件
市場認知度を高めるためのブランドマーケティングとは? 専門家プロファイルさん  2006-09-15 03:08 回答8件
会社のネーミングを変えたいのですが 専門家プロファイルさん  2009-04-16 14:58 回答4件