問題は直接主治医に聞けないこと - 菅野 庸 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

問題は直接主治医に聞けないこと

2007/12/20 10:20
(
5.0
)

薬に関しては他の先生がお答えになっていますが、むしろ主治医に聞けないということが問題でしょう。
医療は、患者さんが中心で、我々医療スタッフは回復のお手伝いをするのです。
ですので、薬であっても、治療方針であっても、患者さんが主治医に聞くのは当然のことで、遠慮するほうがおかしいし、遠慮せざるを得ない雰囲気の先生ならなおまずいですね。
一緒になって病気と戦う。これが医師の使命です。

もちろん主治医に聞けないからここでご相談なさっているのでしょう。
本当にうつ病の診断なのか主治医には疑問に思いますが、精神科に受診されているのでしょうね。

評価・お礼

TomTom さん

そうですね。言われるとおりです。
来年には結婚をと思っていましたが、ここに来てうつの再発となり、彼女自身も来年の春以降暖かくなって体調が回復してから具体的に考えたいと言っています。
彼女の病気の原因は家族にあるのですが、彼らは病気をあまり理解せず、再発の原因ともなっています。ですから、私との結婚をきっかけとして、彼女を今とはまったく違う環境にし、主治医との連携や日常生活のサポートを私がしなければ病気の根源を絶つことはできないと思っています。
そのためにはまず、春までしっかり病気を治すようにサポートしたい(焦らないようにして)ので、薬の質問をさせていただいた次第です。
乗り越えなければならない数々の障害があるため、彼女にとっては、それもストレスとなっていますので、今度、通院時に一緒に出向き、将来的なことも含めて主治医と話したいと思います。
親切な回答を頂きありがとうございました。

回答専門家

菅野 庸
菅野 庸
( 宮城県 / 医師(精神科) )
医療法人菅野愛生会 こころのホスピタル・古川グリーンヒルズ
0229-22-1190
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

「摂食障害の相談室」を運営中。無料でメール相談に応じます

精神障害を克服するには、生活の改善、人間関係の改善が欠かせません。「自分をどう変えていくか」。それは患者さんの努力や周りの協力も必要ですが、まずはメールにてご相談ください。当院は入院治療も、経験豊富な看護師、管理栄養士とともに行っています。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

うつの薬について

心と体・医療健康 精神疾患治療 2007/12/19 16:21

私の彼女がうつと診断されてパキシルとコンスタンを処方されました(11/26)。
夜それぞれ1錠ずつ1週間服用しましたが、昼までのパート最中に何度もあくびが出るなど強い眠気があり服用初期の副作用がちょっと強めに出… [続きを読む]

TomTomさん (北海道/46歳/男性)

このQ&Aの回答

うつ病の薬 茅野 分(医師(精神科)) 2007/12/19 18:44
すみません 2007/12/20 10:51
処方 2007/12/26 09:28

このQ&Aに類似したQ&A

広汎性発達障害、摂食障害、強迫性障害の治療 ぴよ2さん  2007-05-06 16:55 回答1件
電気治療の安全性・副作用について みかんたさん  2009-10-22 20:41 回答1件
統合失調症の妻の服薬について faggotさん  2009-10-04 03:19 回答1件
気分変調症の治療について ユネオカさん  2008-11-05 15:33 回答1件
解離性障害 mozukukkyさん  2015-03-26 23:25 回答1件