ご質問ありがとうございます - 後藤 義弘 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
後藤 義弘 専門家

後藤 義弘
社会保険労務士

- good

ご質問ありがとうございます

2007/12/08 15:09

まず、こぶくろさんの年末調整と奥様の確定申告を分けて考えましょう。

*◆ こぶくろさん
''例年どおりお勤め先で年末調整します''
**''★ 扶養の適否''
お話からすると、奥様のパート収入 (45万円) から給与所得控除 (65万円) を差引けば所得はゼロということになりそうです。 

一方事業側の所得は10万円ということですから、今年度の奥様の所得は計10万円、つまり38万円以下にとどまり引続きご主人様の扶養の範囲内と考えられます。 


**''★ 手続き''
「扶養控除 (異動) 申告書」 の奥様の所得欄に10万円と記入し配偶者控除の適用を受けます。


*◆ 奥様
''ご自身で確定申告します''
**''★ 方法''
上のとおり、給与所得はゼロ、事業所得は10万円より、その他合算するべき所得がなければ基礎控除38万円を引けば課税されるべき所得はやはりゼロとなります。

開業の届出を出されていれば申告書がお手元に届くと思います。

確定申告書の作成方法についてはタックスアンサー該当ページ ( ''確定申告書作成コーナー'' ) にて手順に従い上の数字を当てはめていけば完了すると思いますのでそちらをご活用ください。


ご質問ありがとうございます。

今後ともAll About ProFileをよろしくお願いします。

回答専門家

後藤 義弘
後藤 義弘
( 社会保険労務士 )
代表取締役

『提案力』 『コミュニケーション力』 に自信アリ

中堅中小企業の頼れるアドバイザーとして経営上の広い課題に横断的に対応します。経営者との良い協働関係を通じ、常に有益なツールや情報をご提案し、会社利益に積極的に貢献するとともにお客様の満足を超えるパフォーマンスのご提供に全力を尽くします。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

妻の個人事業

法人・ビジネス 独立開業 2007/12/06 17:38

今年6月から妻が個人事業を始めました。
私は会社員ですので、現在妻は私の扶養に入っています。
初めてなので、これからの私の会社での年末調整と年度末の妻の確定申告をどうやったら良いか?具体的な手続きが分かり… [続きを読む]

こぶくろさん (岡山県/34歳/男性)

このQ&Aに類似したQ&A

2つの専門職で独立開業は可能か hannah.mさん  2014-03-08 21:48 回答1件
個人事業主になり、今の仕事を副業に 風りんさん  2010-09-19 01:03 回答3件
音楽家の扶養や税金について Defp726さん  2014-11-24 08:21 回答1件
会社員の副業として始めた個人事業 momo4profileさん  2014-10-21 17:31 回答1件