こんにちは - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

こんにちは

2006/10/12 01:04
(
4.0
)

タクボーさん、こんにちは。浜田と申します。

本件では、BにとってCは推定相続人ではありませんから、相続させることはできませんが、遺贈することはできます。

この場合、Bに配偶者、子、両親などの直系尊属がいなければ、Cにすべての財産を遺贈したとしても遺留分を侵害することはありませんので、この点からも有効です。

なお、本回答は質問内容の条件のみを考慮しています。ご了承くださいませ。

評価・お礼

タクボー さん

お忙しい中、二度の初歩的質問にお答えいただきありがとうございました。
お陰さまで理解できました。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

Cは相続できますか

人生・ライフスタイル 遺産相続 2006/10/11 14:38

・父Aの後妻としてBが入籍した(Bには姉妹がおり、子がいない)。
・Aには実子C,Dがおり、CDはBと養子縁組をしていない。
・Aが死亡し、Bと、Aの子であるC、D(2人兄弟)が遺産相続をした。
・Bは遺言でCにすべ… [続きを読む]

タクボーさん (宮城県/60歳/男性)

このQ&Aの回答

遺贈(相続)税は? 2006/10/12 10:17
相続について 2006/10/12 11:58

このQ&Aに類似したQ&A

生前贈与について ISSさん  2008-07-10 21:05 回答2件
遺産相続の時効 くろくろくろさん  2008-04-26 09:46 回答1件
養子縁組の兄の家族の遺産相続の範囲について ムーミン88さん  2011-04-25 15:50 回答2件
死亡した父名義の家と土地について とむとむにーさん  2009-10-25 23:48 回答1件
相続放棄した場合の、生命保険金について ぽよよんさん  2009-10-16 00:07 回答1件