通気工法で熱、音共に改善 - 森岡 篤 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:住宅設計・構造

通気工法で熱、音共に改善

2007/12/04 18:11

パルティータ建築工房の森岡と申します。

ガルバリウム鋼板は、鉄板に亜鉛とアルミニウムの合金をメッキしたものです。
鋼板は、錆が最大の弱点ですが、メッキした金属が鉄より錆びやすいことを利用し(犠牲防食)鉄を守る、耐久性にとても優れた材料です。
比較的安価、軽量でモダンデザインに合い、当事務所の住宅の屋根は、ほとんどガルバリウム鋼板を使用しています。

使用材料種類にかかわらず、屋根は住宅の中で特に過酷な環境です。
風雨にさらされ、外気の影響を直接受ける他、夏の昼間は、ほぼ真上から日射を受け、60〜70℃に達することもあります。
十分な断熱が必要なのはもちろんですが、どんな断熱をしても表面温度が70℃になれば、下に熱が伝わるのは時間の問題です。

断熱層に直接日射を当てず(影にする)に、熱がこもらないよう、換気をすることで、大きく改善することができます。
これが通気工法の原理で、断熱層の上に通気層を取り空気を動かし、その上に野地板(下地)、防水紙、屋根(ガルバリウム鋼板)を葺き、仕上げます。

ガルバリウムの屋根は、確かに雨やあられの音が気になりますが、通気工法にすることで、音も改善することができ、お勧めします。

通気工法では、通気層の空気が動かないと効果が出ないので、通気層の入口部の面積、出口(換気棟)の納まりを気をつけてもらって下さい。

参考にしていただけましたでしょうか。

回答専門家

森岡 篤
森岡 篤
( 建築家 )
有限会社パルティータ 代表

庭を取り込む心地良い空間、永く住むためのフレキシブルな家

家づくりは、建て主にとっても、とても手間がかかることですが、苦労した結果、建物が実際に形となり、できあがっていくのは、本当に楽しいものです。遠い将来、この家に住んで良かった、と感じてもらえるような、家づくりのお手伝いをしたいと思います。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

ガルバニウム鋼板の屋根の断熱

住宅・不動産 住宅設計・構造 2007/12/04 15:39

グレー色ガルバニウム鋼板瓦棒葺きを提案されています。私たちは2階にLDKプラス和室にする予定です。
ガルバニウムだと、雨の音、断熱のやり方が重要だとここでもよく述べてありますが、どのように… [続きを読む]

まぶちさん (島根県/36歳/女性)

このQ&Aに類似したQ&A

ガルバニウム鋼板の屋根の断熱 まぶちさん  2007-12-04 15:41 回答5件
屋根の防水について pep25さん  2013-01-14 00:56 回答1件
新築の外壁素材について turibakaさん  2014-11-15 16:23 回答2件
何がなんだか ann0710さん  2014-02-15 10:48 回答1件