ご質問ありがとうございます - 後藤 義弘 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
後藤 義弘 専門家

後藤 義弘
社会保険労務士

- good

ご質問ありがとうございます

2007/12/15 22:32

ノウハウ、時間、ブランド力をお金で買うことでリスクを軽減する、これがフランチャイズの特色でありメリットでもあると思います。

ノウハウやブランド力を構築するには相当の時間とお金がかかります。 フランチャイザーはすでにそうしたビジネスのカタチを持っているわけで、この枠組みをお金を払って利用させてもらうという取引です。

一方デメリットは何か?

契約で縛られることでビジネスの自由度に劣るという点でしょうか。

そもそもフランチャイズはフランチャイザーとフランチャイジーとの契約に基く事業活動ですから、もし独自のアイデアがあったとしても、それをストレートにビジネスに反映させることはできません。 

株主は 「お金」 を払って会社の経営に口を出し、「配当」 という経済的メリットを享受します。 出資の対象は 「お金」 ということになります。

一方フランチャイザーは「ノウハウ」を提供し短期的には加盟金など、長期的には 「ロイヤリティ」 などの経済的利益を確保し、経営にも入ってきます。  出資の対象は 「ノウハウ」 です。

  ''「お金」を出資する株主、「ノウハウ」を出資するフランチャイザー''

このように、フランチャイザーとフランチャイジーの関係は、出資の対象は異なるものの、株主と会社の関係に似ているかもしれません。

「どちらがお得?」 というご質問になっていますが、一刀両断的にどちらがトクということではなく、それぞれのメリット・デメリットを比較、吟味したうえ事業のスタンスに応じ選択すればよいでしょう。

このあたりについては同じ起業支援に出展されている生田目先生のQ&A回答が大変参考になると思います。  ご参照ください。

  ''【参考Q&A】'' ''フランチャイズを選択した際のメリット・デメリット''

回答専門家

後藤 義弘
後藤 義弘
( 社会保険労務士 )
代表取締役

『提案力』 『コミュニケーション力』 に自信アリ

中堅中小企業の頼れるアドバイザーとして経営上の広い課題に横断的に対応します。経営者との良い協働関係を通じ、常に有益なツールや情報をご提案し、会社利益に積極的に貢献するとともにお客様の満足を超えるパフォーマンスのご提供に全力を尽くします。

(現在のポイント:1pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

フランチャイズと自前の開業どちらがお得?

法人・ビジネス 独立開業 2007/11/29 14:50

飲食店を出したいと思っています。元手がないので、最初はフランチャイズから始めようかと思っているのですが、自前で出す場合とのメリット・デメリットを教えてください。

※この質問は、ユーザーの方から事前にいただいたものを、専門家プロファイル が編集して掲載しています。

All About ProFileさん

このQ&Aに類似したQ&A

はしご店としての飲食店開業 専門家プロファイルさん  2008-12-26 11:25 回答2件
年に数回の依頼。個人事業といえますか? 専門家プロファイルさん  2006-09-15 03:08 回答1件
フランチャイズチェーンの見極め 専門家プロファイルさん  2006-09-15 03:08 回答2件
会社員兼業フリーランス、開業届は必要? 専門家プロファイルさん  2006-09-15 03:08 回答1件
個人事業主が友人と別の事業を開始するには CoA-Jinnさん  2009-08-09 16:30 回答1件