ご質問ありがとうございます - 後藤 義弘 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
後藤 義弘 専門家

後藤 義弘
社会保険労務士

- good

ご質問ありがとうございます

2007/11/26 21:37

*■ 質問-1
''収入―経費―青色65万=38万までの場合、控除対象配偶者となり、扶養控除等申告書 所得の見積もり額の欄に「38万」と記載すればOKでしょうか?''

**''★ 回答 : OKです''
''【補足】''
ご質問の計算の結果が38万円以下であれば、その金額を (例えば 30万円 であれば 30万円 と) 記載することになります。



*■ 質問-2
''上記の計算で38万〜76万となった場合は配偶者特別控除の欄になると思うのですが、このときどのように記入すればよいのでしょうか?「収入金額等 a 」「必要経費等 b 」「所得金額a-b」とありますが、青色控除の65万はどこに記載するのでしょうか?''

**''★ 回答 : 青色控除65万円の記載は不要です ( bに含む )''
''【解説】''
質問-1にある計算式 (下左) を以下右のようにカッコでくくり置き換えてみればわかりやすいかと思います。 (計算の結果を同じです)

>''収入 - 経費 - 青色 65万  ⇒  収入 (a) - [経費 + 青色 65万] (b)''<
つまり、 ''65万円を 「必要経費等 b」の中に含めて計算する'' ということです。

よってこの見積額の表においては、青色申告特別控除額65万円という数字はb欄に隠れてしまいどこにも出てきません。

(計算式 b 「必要経費 ''等'' 」の ''等'' はおそらくこの 「青色申告特別控除」 を意識したものと考えられます)


 ''【関連Q&A】'' ''個人事業と青色申告控除と扶養の関係''


ご質問ありがとうございます。

今後ともAll About ProFileをよろしくお願いします。





*◆◇ 「ハイブリッド型」 社会保険労務士が企業利益をクリエイト ◇◆
''Y'Sパートナーズ社会保険労務士事務所'' / http://www.ysp-sharoshi.jp

回答専門家

後藤 義弘
後藤 義弘
( 社会保険労務士 )
代表取締役

『提案力』 『コミュニケーション力』 に自信アリ

中堅中小企業の頼れるアドバイザーとして経営上の広い課題に横断的に対応します。経営者との良い協働関係を通じ、常に有益なツールや情報をご提案し、会社利益に積極的に貢献するとともにお客様の満足を超えるパフォーマンスのご提供に全力を尽くします。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

配偶者特別控除と事業所得について

法人・ビジネス 独立開業 2007/11/24 22:50

19年から青色申告者として開業しましたサラリーマンの妻です。

収入―経費―青色65万=38万までの場合、
控除対象配偶者となり、扶養控除等申告書 所得の見積もり額の欄に
「38万」と記載すれば… [続きを読む]

犬ちょこさん (長崎県/27歳/女性)

このQ&Aに類似したQ&A

配偶者(妻が個人事業)特別控除について やぎさん  2007-12-01 07:53 回答1件
フリーランスの税金 momonoberryさん  2013-09-11 16:09 回答2件
夫の社会保険扶養内の判断 yumuさん  2008-04-28 11:07 回答1件