通常の石膏ボードとの違い - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:住宅設計・構造

通常の石膏ボードとの違い

2007/11/21 08:39

石膏ボードは石膏の両面をクラフト紙という薄茶色の紙でサンドイッチにした製品を言いますが、耐水石膏ボードはそのクラフト紙の表面にビニールでコーティングして水がかかっても大丈夫なように作られた製品です。

石膏は水にぬれるとゲル状になり強度が低下してしまいますので、湿気の多いところでの使用は耐水石膏ボードのほうを使い、それ以外の部屋の場合に通常の石膏ボードを使います。

コスト面では耐水処理をしている石膏ボードのほうが高くなります。

しかし、たとえ耐水処理をしているとはいえ基材が石膏ですので、水かかりが激しいところでの使用は避けたほうがいいですね。

脱衣室や台所回り(流し前廻りは避けましょう)など、他の居室に比べて湿気があるという程度のところでの使用にとどめといたほうが無難じゃないでしょうか。

(現在のポイント:3pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

洗面室、トイレ等の石膏ボードについて

住宅・不動産 住宅設計・構造 2007/11/20 23:10

水周りの下地に使う石膏ボードは耐水性のものと、普通のものを使うのではどの程度の差があるのでしょうか。
また、どちらの方が一般的なのでしょうか?

はいらんどさん (兵庫県/35歳/男性)

このQ&Aの回答

一面だけ木を貼るという方法も 鈴木 克彦(建築家) 2007/11/21 11:37
水周りの石膏ボード 2007/11/21 11:56
石膏ボードの差 2007/11/21 13:01

このQ&Aに類似したQ&A

3階建てのトイレの位置 myhome2728さん  2016-11-15 21:18 回答1件
新築設計費用について でぃーえむさん  2016-05-25 10:43 回答2件
土地代抜きの建築費用について れおれおんさん  2015-08-05 00:42 回答5件
新築間取りでアドバイス下さい!わ あいらぶゆーさん  2015-03-25 05:47 回答3件