65歳以降の遺族厚生年金について - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

65歳以降の遺族厚生年金について

2007/11/21 00:26

はじめまして、たれ様。
社会保険労務士、ファイナンシャルプランナーの牛尾理です。

平成19年4月から併給の仕方が変わり、妻の老齢厚生年金を併給するようになりました。二つのパターンで回答します。遺族基礎年金は18歳年度末(障害がある場合は20歳年度末)までのお子様がいらっしゃらないと支給されませんので、ここでは除外しました。

1.夫の老齢厚生年金が100万円、妻の老齢厚生年金が40万円の場合

今までは夫の遺族厚生年金100万円×4分の3=75万円が有利なため(妻の老齢厚生年金よりも多いため)こちらを選択していました。つまり妻が受け取れるのは、遺族厚生年金75万円と妻の老齢基礎年金でした。

改正後は遺族厚生年金75万円の範囲内で、妻の老齢厚生年金40万円と遺族厚生年金35万円を受け取ります。総額の変更はありません。

2.夫の老齢厚生年金が80万円、妻の老齢厚生年金が50万円の場合

今までは夫の遺族厚生年金の3分の2 80万円×4分の3×3分の2=40万円 妻の老齢厚生年金の2分の1 50万円×2分の1=25万円 合計65万円が最も有利なため、これを受け取っていました(夫の老齢厚生年金の4分の3では合計額が少ないので)。

改正後は合計65万円のうち、妻の老齢厚生年金50万円と遺族厚生年金15万円を受け取ります。総額の変更はありません。

結局、総額で考えると、遺族厚生年金は夫の老齢厚生年金の4分の3、あるいは夫の遺族厚生年金の3分の2(老齢厚生年金の4分の3×3分の2)と妻の老齢厚生年金の2分の1の合計のどちらかになります。

細かい要件は外し、できるだけ簡単にしましたがお分かりいただけたでしょうか。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

妻の老後

マネー 年金・社会保険 2007/11/20 20:42

はじめまして。たれといいます。
会社勤めをしているので厚生年金に加入しています。
将来のことになりますが、私が仮に年金を受給する65歳の時に亡くなってしまった場合、私が仮に月あたり20万円もらえることになっていた… [続きを読む]

くまこ5さん (東京都/29歳/女性)

このQ&Aの回答

遺族厚生年金を受けるには、25年が必要 山中 伸枝(ファイナンシャルプランナー) 2007/11/21 05:30

このQ&Aに類似したQ&A

妊娠による退職後の保険、年金について教えてください もにもに1104さん  2011-07-23 22:09 回答1件
年金受給している年齢で夫死亡した場合の妻の年金について まさおばさんさん  2011-07-21 10:32 回答1件
国民年金、健康保険について。 sleberoseさん  2010-09-10 01:18 回答1件
国民年金の特例免除を追納するかどうか グレープさん  2008-10-17 20:46 回答1件
会社員の妻の厚生年金加入について 南あやこさん  2008-10-09 19:45 回答2件