103万の壁と来年の課税率について - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
中村 亨

中村 亨
公認会計士

- good

103万の壁と来年の課税率について

2007/11/14 14:44

今年の年収は116万円(74万円+42万円)となることを前提にしますと、
まず旦那様の所得税計算上、配偶者控除は受けられませんが
代わりに配偶者特別控除が受けられます。
配偶者控除では38万円の所得控除が受けられますが、
配偶者特別控除では26万円の所得控除が受けられます。

実際の税金負担(所得税・住民税)がどれくらいになるかは旦那さんの収入次第ですが、
約2.4万円〜3.6万円の負担増になると思われます。

また、奥様の収入に対して新たにかかる税金
(所得税・住民税)は約2万円ほどになると思われます。

現状では収入増加以上に税金負担が増加することはありませんが、
今後バリバリ働くことによって社会保険料の負担が
増加する可能性もありますので
その際は改めてご確認下さい。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

103万の壁と来年の課税率について

マネー 税金 2007/11/12 20:42

29歳主婦です。
今まで旦那の扶養に入るために年収103万未満で働いていました。
しかし今年9月に病気になり退職。
10月1ヶ月休んでいたので、103万の壁を気にすることなく派遣で働き始めました。
… [続きを読む]

パピコさん (静岡県/29歳/女性)

このQ&Aに類似したQ&A

帰国後の還付金について yumiさん  2006-06-17 21:53 回答1件
年間給与収入130万の際の税金について みっぽーさん  2013-10-24 18:44 回答1件
給与所得者の節税対策を教えてください。 ぺろママさん  2013-10-09 16:46 回答1件
給与収入とは? ななんさん  2013-07-01 21:36 回答1件
扶養範囲の収入と税金について fuyouさん  2009-09-30 14:44 回答1件