長期と短期。 - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

長期と短期。

2007/11/11 21:40

不動産を売却し所得が発生するということであれば、一般的には5年以上の所有期間で長期譲渡所得税(住民税込39%)がかかり、5年未満であれば短期譲渡所得税(同20%)がかかります。

相続の場合の取得時期はお父様が取得した時期が引き継がれます。
注意点は、
?5年の算定基準とは、譲渡した年の1月1日現在での所有期間ということ。
?取得価格が明らかでない場合は譲渡価格(売れた金額)の5%が取得価格となる点。(5%原価ルール)

蛇足ですが、相続発生から2年ないし3年以内であれば俗に言う「相続税納税のための非課税特例」が使えたと思います。相続税も払いしかも譲渡税も払うでは税の二重取りではないかという考えからです。

詳細は国税庁のHPで確認できます。

(現在のポイント:2pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

土地売却にかかる税金

住宅・不動産 不動産売買 2007/11/10 22:33

父が死亡し4年経ちますが、土地等相続手続きをしていません。(固定資産等は、私が納入してます)相続手続きをしてから一部土地を売却しようと思ってます。その際の税金は? 

ヒローさん (山形県/47歳/男性)

このQ&Aの回答

長期と短期譲渡 2007/11/18 21:42

このQ&Aに類似したQ&A

相続した土地の売却と権利について マーメードさん  2013-06-12 23:03 回答1件
土地は今売却しないほうが良いのでしょうか。 さりきちさん  2009-12-27 14:45 回答2件
土地の名義変更 はちはちさん  2007-05-06 04:00 回答1件
土地売却した際、手元に残る代金 donkeyさん  2014-09-16 12:17 回答1件