第一種低層住宅専用地域は、最も日当たりのよい地域 - 森岡 篤 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:住宅設計・構造

第一種低層住宅専用地域は、最も日当たりのよい地域

2007/11/07 19:17

コンベックスさんこんにちは
パルティータ建築工房の森岡と申します。

第一種低層住宅専用地域は、全ての用途地域の中で、最も制限が厳しい、つまり最も日当たりの良い用途地域です。
周囲隣地は、仮に現在空き地だとしても、住宅を建てこれから何十年も住むことを考えれば、いずれは家が建つ可能性があり、建った状態で検討すべきです。(どの土地であっても)

そのように考えると、制限の厳しい第一種低層住宅専用地域といえども、1階が常に日当たりが良い敷地というのはありません。

日当たりだけを考えれば、南側接道の敷地の方が良いかもしれませんが、プライベートな庭をつくるには不向きだったり、一長一短です。

敷地の形状、向きにより、日当たりの良い場所、時間帯が変わってきます。

パブリックな居間や食堂にできるだけ長く日当たりを確保するには、パブリックエリアを2階にすることが考えられます。
このように、設計的な工夫で、より日当たりを良くすることができます。

間口8.5mで奥行きは16〜17mということですね。
一般に正方形の土地が好まれている傾向がありますが、むしろ少し長方形で細長く短辺が接道の方が、落ち着いた庭がとれ、良い家をつくりやすいです。
候補の土地は1:2に近く、とても良い形の土地と思います。

他の条件はわかりませんが、日照的には問題ないと考えます。

参考にしていただけましたでしょうか。

回答専門家

森岡 篤
森岡 篤
( 建築家 )
有限会社パルティータ 代表

庭を取り込む心地良い空間、永く住むためのフレキシブルな家

家づくりは、建て主にとっても、とても手間がかかることですが、苦労した結果、建物が実際に形となり、できあがっていくのは、本当に楽しいものです。遠い将来、この家に住んで良かった、と感じてもらえるような、家づくりのお手伝いをしたいと思います。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

日当たりのついてのシュミレーション

住宅・不動産 住宅設計・構造 2007/11/07 06:55

土地購入について質問です。日当たりがとても心配です。
購入予定敷地
場所 県南
北西5.92m公道に隣接する
間口 8.5mの43坪 建ぺい率60%容積率150% 第一種低層住宅専用… [続きを読む]

コンベックスさん (千葉県/34歳/女性)

このQ&Aの回答

光の入れ方はプラン次第です 中村 雅子(建築家) 2007/11/07 08:49
土地を見ないと何とも言えませんが… 鈴木 克彦(建築家) 2007/11/07 08:34

このQ&Aに類似したQ&A

日当たりのついてのシュミレーション コンベックスさん  2007-11-07 06:53 回答3件
擁壁&高台の土地調査について malosukeさん  2016-06-30 01:57 回答1件
地盤と擁壁について stsyrupさん  2015-04-19 14:49 回答1件
陽あたりについて(北向きの土地) hanabida51さん  2013-07-19 22:44 回答1件
北側道路、南側ひな壇の土地 gongon2013さん  2013-06-14 18:00 回答3件