生命保険の相続放棄について - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
中村 亨

中村 亨
公認会計士

2 good

生命保険の相続放棄について

2007/11/06 12:44

生命保険の死亡保険金は本来は相続財産ではありません。
本来は相続財産ではないので、相続放棄をしても保険金受取人になっていれば保険金が支払われ、何らかの税金が課税されます。

この場合の課税関係は、保険料を誰が負担していたかによって課税される税金が違ってきます。
被相続人が保険料を負担していたのであれば相続税、保険金受取人が保険料を負担していたのであれば所得税、それ以外の者が保険料を負担していたのであれば贈与税が課税されます。

相続税が課税される場合、取得者が相続人であれば相続、相続人以外の者であれば遺増により財産を取得したものとみなされます。

なお、相続税が課税される場合の生命保険金については、保険金の取得者が相続人であれば一定の金額について非課税になりますが、今回のケースのように相続放棄をして相続人でなくなっている場合には非課税にはなりません。

(現在のポイント:1pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

生命保険での相続放棄について

マネー 税金 2007/11/05 22:27

離婚により15年ほど消息不明だった父が亡くなりました。葬儀等は亡き父の親が行なってくれたので
私と弟は相続放棄しました。
簡保に380万円加入していて、入院給付金は相続放棄により父の親が受… [続きを読む]

miyunaさん (秋田県/40歳/男性)

このQ&Aの回答

Re:生命保険での相続放棄について 大黒たかのり(税理士) 2007/11/06 09:40

このQ&Aに類似したQ&A

義理の息子に振り込んだお金は、相続資産と計上できるか。 ダイダイくーくさん  2016-03-03 10:51 回答1件
生命保険の死亡給付金受け取り時の税金対策 えだまめさんさん  2008-12-19 20:49 回答1件
贈与税 nanokamamさん  2014-07-28 20:08 回答1件
保険金・不動産取得の課税について教えて下さい。 ことこさん  2009-06-16 15:39 回答1件