一刻も早く具体的な行動をとりましょう - 栗本 大介 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
栗本 大介 専門家

栗本 大介
ファイナンシャルプランナー

- good

一刻も早く具体的な行動をとりましょう

2007/11/02 13:09
(
4.0
)

プーさんさん、はじめまして。
FPの栗本と申します。

家計が厳しい中、貯金が底をついたことに対するご心配をお察しします。一刻も早く具体的な行動をとられる必要があるでしょう。

上記の先生方もご指摘の通り、現状のローン返済を継続していくことは困難だと思います。

そして、売却につきましても、その売却金額でローン残債が返しきれないのであれば、根本的な解決にはなりません。周辺の相場を調べて、「ローン返済額+維持費」を賄える家賃収入が見込めるのであれば、自宅を貸して負担の少ない賃貸物件に引っ越すことも検討すべきです。

そして生命保険の見直しです。現在の保険内容はわかりませんが、ご主人さんが健康で新たな保険に入ることが可能であるならば、必要最小限の割安な保険に切り替えることをご検討下さい。

現在加入している保険をやめることで、商品内容によっては解約返戻金などが発生する可能性もあります。これで一息つけるかもしれません。

次はやはり車でしょうか。お子さんが小さければ車無しの生活は厳しいかもしれませんが、ローン以外の維持費も家計の中では決して小さくないと思いますので、売却はもちろん、軽自動車などに乗り換えられることも含めて検討してみてください。

ちなみに、親御さんへの援助などは検討できないでしょうか?
最終的には、今のローン返済を続けるためには、世帯収入を増やすため、プーさんさんが仕事に復帰して収入を得る必要があるかと思いますが、すぐには難しいでしょうから、その間だけでも少しの援助が見込めれば頼んでみることも考えてみてください。

できることからすぐにでも行動を起こされることをお奨めします。

評価・お礼

プーさん さん

ご回答ありがとうございました。
よく考えて検討したいと思います。

回答専門家

栗本 大介
栗本 大介
( ファイナンシャルプランナー )
株式会社エフピーオアシス 代表取締役

商品ありきではなく、まずはお金の考え方を養うことが大切です

お金に振り回されることなく、みんなに幸せな生活を送って欲しい。それが、私がFPを続ける理由です。生活者の立場に立った、あなたの身近な「マネーの専門家」として、必要なときにはいつでもお役に立ちます。お金との上手な付き合い方を一緒に考えましょう。

(現在のポイント:3pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

ローンの割合が多くて生活が厳しいです

マネー 借金・債務整理 2007/11/01 23:25

夫婦2人&子供2人です。連帯債務者の私が2人目出産時に仕事を辞め、収入が減ってしまいました。
現在税込年収600万、控除後430万。1年間のローン支払額は合計189万です。住宅ローンはあと32年… [続きを読む]

プーさんさん

このQ&Aの回答

節約の観点と収入獲得のお勧め 吉野 充巨(ファイナンシャルプランナー) 2007/11/02 00:44
ローンの件 渡辺 行雄(ファイナンシャルプランナー) 2007/11/02 10:00
売却は、あまりに大きな決断。 森本 直人(ファイナンシャルプランナー) 2007/11/02 12:50
早急な対策が必要だと思います。 渡辺 博士(ファイナンシャルプランナー) 2007/11/02 14:20
辛い時こそ名案がでるものです! 山中 三佐夫(ファイナンシャルプランナー) 2007/11/02 01:14
やっていくには無理があります。 羽田野 博子(ファイナンシャルプランナー) 2007/11/02 08:39

このQ&Aに類似したQ&A

住宅ローンの返済についてご助言よろしくお願いします ochaki♪さん  2010-06-05 16:09 回答7件
父の住宅ローンが破綻寸前で悩んでいます。 yum05059さん  2010-11-23 08:40 回答3件
債務整理について hito2585さん  2010-09-15 13:46 回答1件
債務整理をしたい きんたろうZさん  2015-08-27 01:11 回答1件