健康=物と精神のバランス - 八納 啓造 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:住宅設計・構造

健康=物と精神のバランス

2007/06/29 14:15

''「本当の意味での健康住宅」''・・・いいタイトルですね。

私はこの答えのキーは''「物と精神のバランス」''だと
考えています。

物というのは、「家」。精神というのは「家族の心」。

''双方の健全性がマッチして「健康」というものが
促進される''と考えています。

例えば市街地に家を建てる場合は、排気ガスや騒音
色んなものが入ってきます。そうなると、ある程度の
防音や窓を開けなくても換気が出来る仕組みがある
ほうが、「精神」的に安らぎ、落ち着くように思います。

また、郊外や住宅団地の場合は、窓を大きく開けて
換気したり、緑の香りを家に取り込んだりとするのが
「精神」的に合うように思います。

ポイントは''「心」が喜ぶ状態かどうか?''が健康住宅
のポイントだと思います。

また家族の心の形は家族の数だけあるので一概に
「これが正しい」と言い切ることは出来ません。

''それぞれが家を通じて、健全な精神と肉体を維持''
''出来る''のなら、それがその家族にとって健康住宅
になりうるでしょう。

回答専門家

八納 啓造
八納 啓造
( 建築家 )
株式会社 川本建築設計事務所 代表取締役
082-254-8781
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

世界で一つ「あなただけの幸せな住まい」を共に造りませんか?

私たちの考える家作りの大きな目的は「家族の絆や幸せが育まれること」。そこでこれまで家作りに成功した人たちの「家作りの知恵」をベースに家族が共通の思いを持ち、向き合える住まいをご提案。家族の思いをカタチにします。

(現在のポイント:1pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

本当の意味での健康住宅

住宅・不動産 住宅設計・構造 2005/11/22 08:08

以前、ある建築専門家に下記のようなことを聞きました。

-----------------------------------------------------------
今の住宅の特徴として、断熱材をふんだんに使い、夏は外からの熱を
防ぎ、冬は中か… [続きを読む]

九左衛門さん (大阪府/32歳/男性)

このQ&Aに類似したQ&A

寝苦しい夏季の屋根裏遮熱対策 キョロ@さん  2009-10-10 23:47 回答2件
超高気密は必要か? HOTさん  2013-06-20 16:06 回答3件
外張り断熱と充填断熱併用における壁内結露について taniyamaSYO112さん  2011-04-17 22:00 回答2件
鉄骨住宅の暑さ対策について shimaebi777さん  2010-11-01 19:41 回答1件
RC住宅のアメ二ティ度について インテリア好きさん  2009-11-04 14:35 回答3件