居住用マンションを兼事務所としたときの経費計上 - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
中村 亨

中村 亨
公認会計士

- good

居住用マンションを兼事務所としたときの経費計上

2007/10/31 16:57
(
5.0
)

事務所使用分30%分は必要経費として計上することができます。固定資産税、火災保険料、減価償却費なども事務所使用分に応じて経費計上が認められます。

住宅ローンを経費計上する上で気をつけたいのが、個人の確定申告の住宅ローン控除の計算で対象になるのが居住用の部分のみになるため、住宅ローン控除額はその分減額されます。

経費計上する上で経費計上できる金額と住宅ローン控除額の比較する必要があると思います。

評価・お礼

takuya さん

ありがとうございました。さっそく住宅ローン控除額と比較してみます。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

今年2月に退職し現在個人事業を12月に開業するための準備を進めています。帳簿のつけ方で教えて頂きたく質問しました。現在すんでいるマンションは4年前に居住用として購入し… [続きを読む]

takuyaさん (神奈川県/45歳/男性)

このQ&Aに類似したQ&A

確定申告の際の経費について lovenewsさん  2009-12-03 23:40 回答1件
個人事業・申告できる経費について ミドリさん  2009-08-13 18:40 回答1件
事業所 兼自宅の住宅ローン控除について nara23さん  2008-04-29 11:40 回答1件
自宅開業での確定申告について sumireeさん  2009-02-23 23:15 回答1件
開業前経費 Nsystemさん  2009-11-14 11:23 回答1件