まずは自分の家計の状態をつかみましょう - 栗本 大介 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

栗本 大介 専門家

栗本 大介
ファイナンシャルプランナー

- good

まずは自分の家計の状態をつかみましょう

2007/10/30 01:22
(
5.0
)

ぴろぴろさん、はじめまして。
FPの栗本と申します。

家計に関するそれぞれの項目は、各家庭の事情によって全然違うものですから、一般的な数値というのは得てして役に立たないものなのですが、参考程度とわりきっていただくのであれば、総務省が毎年統計を出している「家計調査年報」というものがあります。

http://www.stat.go.jp/data/kakei/2006np/index.htm

ただ、それよりも重要なのは「ご自身の家庭の状況」を把握することだと思います。

そのためには、まずは上記の統計などに出ている項目について、ぴろぴろさんの家計の実際の数値を記録していくことから始められてはいかがでしょうか?

半年程度の数値が集まれば「およその月平均額」などが出てくるかと思いますので、その数値をその後の家計管理の目安にしていくというわけです。

その際に「キャッシュフロー表」も同時に作られると、今後の貯蓄の貯まり方など、資金的な過不足が把握できますので、家計管理が随分前進すると思いますよ。

目的に応じた積み立て額なども把握しやすくなると同時に、実行可能性が高まってくるものでもあります。

それと、ご主人の月5万円という保険料は確かに多いようです。貯蓄性の保険などになっているかもしれませんが、今一度、何のために保険に加入するのかなどを検討しなおす必要があるかもしれませんね。

まずは、正確な家計の把握と記録付けからスタートしてみてください。

評価・お礼

ひろぴろ さん

有難うございました。参考にさせて頂きます。支出等書き出して、頑張ってみます。

回答専門家

栗本 大介
栗本 大介
( ファイナンシャルプランナー )
株式会社エフピーオアシス 代表取締役

商品ありきではなく、まずはお金の考え方を養うことが大切です

お金に振り回されることなく、みんなに幸せな生活を送って欲しい。それが、私がFPを続ける理由です。生活者の立場に立った、あなたの身近な「マネーの専門家」として、必要なときにはいつでもお役に立ちます。お金との上手な付き合い方を一緒に考えましょう。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

家計管理

マネー 家計・ライフプラン 2007/10/29 22:44

30代専業主婦です。会社員の夫34歳、4歳の子供一人。今後子供の予定は無し。家賃は引かれて手取りが30万。貯金は財形貯蓄のみの200万円。子供の教育積立100万以内のみです。この2種類の他にすぐ引き出せるお金が全くありませ… [続きを読む]

ひろぴろさん

このQ&Aの回答

改善ポイントをお届けします 吉野 充巨(ファイナンシャルプランナー) 2007/10/30 00:14
家計管理の件 渡辺 行雄(ファイナンシャルプランナー) 2007/10/30 15:23
10万円金貨 2008/01/21 17:02

このQ&Aに類似したQ&A

家を建てたい。家計診断をお願いします。 えりんごばななさん  2015-06-11 14:47 回答3件
家計診断をお願いします 満天星さん  2013-04-05 11:46 回答2件
家計の見直しについて bingobingoさん  2010-10-07 01:08 回答3件
小遣いと貯蓄について じんじんさん  2007-12-02 12:50 回答5件
家計診断お願いします。 まかさん  2012-11-06 15:19 回答1件