牛乳が事例!アイデア力でなく商品化する力を - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

牛乳が事例!アイデア力でなく商品化する力を

2008/06/05 03:32

こんにちは、営業コンサルティングの保科です。
新規事業畑にいましたので、コメントいたします。

''商品化する力を高めると良い''のでは?と思います。

*アイデアと商品化を分ける
商品のアイデアを出すのは、全社的に誰でも提案出来る体制が良いと思います。
しかし、アイデアを具体的な商品にまとめ上げる作業(商品化)は、
専門部署を設けても良いと思います。

アイデアを出すことと、商品化をわけてお考えになってみてはいかがでしょうか。

*牛乳の商品化
商品化の一例として牛乳のお話をします。

牛乳は食品としては、昔から変わりません。
しかし、その時代時代のユーザーニーズを反映して、商品としては多様に変化しています。

**冷蔵庫のない時代
ビン 毎朝牛乳屋さんが届ける
**冷蔵庫の普及、スーパーの普及時代
大きいパック 輸送しやすく保存しやすい形状 量が多い
**各家族化、独身増加時代
500mlのパック 量が少なめ
**コンビニ普及時代
飲み切りの小さなパック

*パッケージング
これは商品開発部門(新規事業部門)では、パッケージングと言います。
他にも、価格決定(値付け)も含みます。
アイデアを具体的にどういう形で売るか?
をまとめる作業です。

''良いアイデアを、さらに売りやすい、ニーズにマッチした形に高める作業''です。

この他にも商品開発部門では、
販売可能なユーザー数や
お客様のニーズ調査等
をし販売可能性やポテンシャルを検討しています。

*個人技から組織戦への切り替え
例えばオーナー企業では、
オーナー社長様が鋭い感覚・嗅覚で商品化をされているケースが
見受けられますが(またそれがヒット商品になる)、
それは特殊能力だと思ってください。

一般的なビジネスパーソンにはそなわっていません。

なので、事業拡大の過程で商品開発や事業開発に限界を感じたら、
商品開発や新規事業開発部門を設置・育成するのも一つの方法です。

なかなか結果が出ずらい部署ですが、長い目でがんばってください!

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

商品開発力を高めていく方法は?

法人・ビジネス 商品企画・開発 2006/09/15 03:08

先日の企画会議で、自社の商品開発力の弱さが問題になりました。弊社には商品開発を専門に扱う部署がなく、これまでは、良いアイデアがあれば部署を問わずに取り上げてきました。商品開発力を高めるに… [続きを読む]

All About ProFileさん

このQ&Aの回答

◆たくさんの事を見て聞いて感じること。 尾崎 友俐(経営コンサルタント) 2006/10/24 19:18
絵に描いてください。 ウジ トモコ(アートディレクター) 2007/10/06 03:07
自然発生的開発と開発専門部署との両方があります。 田邉 康雄(経営コンサルタント) 2008/03/13 11:44
製品と商品はかなり違うもので、、、 工藤 英一(経営コンサルタント) 2012/06/07 16:23

このQ&Aに類似したQ&A

商品開発、アウトソーシングのメリット・デメリット 専門家プロファイルさん  2007-11-08 10:44 回答6件
最適な価格を知りたい 専門家プロファイルさん  2010-07-28 13:14 回答5件
新商品を開発しましたが事前契約のない請求がきました kodomotachiさん  2012-06-22 23:48 回答1件
製造業のソフトウェア開発パートナー発掘 kumapooさん  2012-06-01 15:20 回答1件