建築基準法の道路は、いろいろな種類があります。 - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:住宅・不動産トラブル

建築基準法の道路は、いろいろな種類があります。

2006/01/22 14:27

ご存知の通リ、建物を建築する大前提は「敷地は道路に接していなければないらない」と、建築基準法で定められていますね。良く「道路に接していないために、家の建て替えができない」とか言われることがありますが、これは現実の生活上からは支障なく道はあり、そこに不自由なく暮らしていても、建築基準法に定める道路がない状態のことを言っていますね。

建築基準法43条(敷地等と道路との関係)では、建築物の敷地は、道路に2m以上接しなければならないと、されています。そして、建築基準法上でいう道路とは、同法42条(道路の定義)で定めており、以下のようにいろいろな道路の種類がありますね。
1.道路法の道路:国道、県道、市町村道
2.都市計画法、土地区画整理法で築造した道路
3.建築基準法が施行されたときに、現存する道路
4.道路法、都市計画法等で2年以内に執行予定の計画道路
5.特定行政庁から、その位置の指定を受けた道路(位置指定道路)
6.42条2項道路と呼ばれている幅員4m未満の道路
(道路中心線から、2m後退した線が道路境界線)

・・・等、いろいろな道路がありますね。ご質問のケースは、『43条但し書き道路』と呼ばれているものかも知れませんね。これは、建築物の周囲に広い空地があり、その他これと同様の状況にある場合で安全上支障のない場合には、建物を建てることができます。
詳細は区役所や市町村等の建築指導課へお尋ねください。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

公道に面していない住宅の建替えについて

住宅・不動産 住宅・不動産トラブル 2005/11/21 00:00

家を建て替えるあたりに質問があります。私の家のあたりは昔ながらの街並みで、土地が公道に面していません。公道に土地が面していないと建て替えができないと聞いたのですが、この場合どうした… [続きを読む]

All About ProFileさん

このQ&Aに類似したQ&A

業者に責任は問えるのか? piyon0815さん  2009-10-01 09:12 回答1件
分筆していない指定位置道路について パグ丸さん  2015-12-14 15:00 回答1件
中古住宅の虚偽について パグ丸さん  2015-12-03 12:44 回答2件
住宅ローン事前審査票キャンセル saluさん  2015-06-21 13:50 回答1件
仲介業者とのトラブル たんばさん  2014-12-08 21:35 回答1件