相続に伴う事業承継のケース。 - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:事業再生と承継・M&A

相続に伴う事業承継のケース。

2007/11/03 12:18

一般的に「相続」は親族間の問題であり、「事業承継」は従業員や取引先などの利害関係者を含むより広範囲な問題です。
ご子息が二代目オーナーをお務めになる場合には、従業員の理解や協力も欠かせません。
したがって、円滑な事業承継のためには、周到な準備と対策が必要になります。

まず、事業承継するにあたっての課題を洗い出すことが重要です。

・自社株の株価把握
・不動産の有効活用
・相続税対策
・争続の回避
・納税資金の準備  など

相続税評価額の引き下げや事業承継の準備は、早ければ早いほど効果的です。
さらに、相続人(ご子息等)と被相続人(親)が認識をともにして取り組むことが望ましいといえます。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

事業継承において、息子に有利に引き継ぐには?

法人・ビジネス 事業再生と承継・M&A 2007/10/25 18:40

相続に伴い、親から息子へ事業継承をするにあたって気をつけなければいけないポイントや、税金等で有利な条件を導き出すための方策を教えてください。

※この質問は、ユーザーの方から事前にいただいたものを、専門家プロファイル が編集して掲載しています。

All About ProFileさん

このQ&Aの回答

前提が定かではありませんが 村田 英幸(弁護士) 2007/10/31 09:33

このQ&Aに類似したQ&A

自社株の相続対策について 専門家プロファイルさん  2006-09-15 03:08 回答1件
事業再生のため会社分割を検討中。手続きの注意点は? 専門家プロファイルさん  2009-03-26 15:25 回答2件
次年度に繰り越せる案件が無く、先行きが厳しいです 専門家プロファイルさん  2009-02-26 13:09 回答2件
息子を後継者とするに辺り、社内に向けて行うべき事 専門家プロファイルさん  2008-09-25 14:47 回答9件
休眠会社を新規事業の母体とするメリットはあるか? 専門家プロファイルさん  2008-04-24 11:32 回答1件