ご質問ありがとうございます - 後藤 義弘 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:事業再生と承継・M&A

後藤 義弘 専門家

後藤 義弘
社会保険労務士

12 good

ご質問ありがとうございます

2008/11/01 21:14

*''■ 回答''
''いずれも裁判所を介しての手続きという点で共通点がある一方、適用対象、費用、債権者の同意取得等において相違点があり、『破産』 以外にも、会社清算の手法として 『特別清算』 は優れた機能を有していると言えます。 また、『特別清算』 は単純な会社整理以外にも、組織再編スキームとの組み合わせで、事業再生ツールのひとつとして活用されることもあります。''

''【相違点の検証】''

**''▼ 適用対象 : 『特別清算』 は 「株式会社」 のみ適用可''
『破産』 (破産法) は個人・会社いずれも対象となりますが、『特別清算』 (会社法) は個人に適用はなく株式会社オンリーの制度です。

**''▼ 対債権者 : 『特別清算』 は大口債権者の 「同意」 が必要''
『破産』の場合、債権者の 「同意」 が手続きの絶対条件となるわけではありませんが、『特別清算』 においては、弁済計画の策定において債権者の一定の 「同意」 が必要とされます。

**''▼ コスト : 『破産』 > 『特別清算』'' 
裁判所へ納める費用に 「予納金」 というものがありますが、『破産』 の場合相当額の 「予納金」 が必要となる一方、『特別清算』 はこれが低額ですみます。 一般に 『特別清算』 の方が低コストでの清算が可能と考えられます。

**''▼ 手続きの負担 : 『破産』 > 『特別清算』''
一般に 『破産』 に比べ 『特別清算』 の方が手続きはシンプルです。

あと、対外的なイメージという視点からも、昨今、会社清算の手法として 『破産』 より 『特別清算』 が採用されるケースも少なくありません。

補足

また、会社の整理以外にも、事業譲渡や会社分割などの組織再編スキームと組み合わせ、事業再生ツールとして利用されることもあり(([例] 再生可能な事業を外に取り出し、残された会社の不良資産の整理にこの「特別清算」が活用されることが考えられます。))、昨今のM&A等組織変動の日常化に伴い、今後利用頻度がさらに高まっていくことが予想されます。

ご質問ありがとうございます。
今後ともAll About ProFileをよろしくお願いします。



*''◆◇ 組織再編・事業承継はYSCのビジネスソリューションを ! ◆◇''
   ''ご相談は「無料」 まずはお気軽にお問い合わせください!''
   ''弊社WEBサイトはコチラ'' → http://www.ysc-business.com

回答専門家

後藤 義弘
後藤 義弘
( 社会保険労務士 )
代表取締役

『提案力』 『コミュニケーション力』 に自信アリ

中堅中小企業の頼れるアドバイザーとして経営上の広い課題に横断的に対応します。経営者との良い協働関係を通じ、常に有益なツールや情報をご提案し、会社利益に積極的に貢献するとともにお客様の満足を超えるパフォーマンスのご提供に全力を尽くします。

(現在のポイント:9pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

特別清算と破産との違い

法人・ビジネス 事業再生と承継・M&A 2006/09/15 03:08

叔父は長年建設業の下請け会社をやっていたのですが、いまでは毎日が自転車操業です。倒産も考えているようなのですが、清算型の倒産手続きには、破産手続きと特別清算手続きとがあると聞きました。どんな違い… [続きを読む]

All About ProFileさん

このQ&Aの回答

回答申し上げます 東郷 弘純(弁護士) 2012/07/10 15:04

このQ&Aに類似したQ&A

休眠状態の株式会社の解散 秋彦さん  2011-12-29 22:40 回答1件
事業再生のため会社分割を検討中。手続きの注意点は? 専門家プロファイルさん  2009-03-26 15:25 回答2件
会社の整理等 どうしたらさん  2010-02-13 10:00 回答1件
次年度に繰り越せる案件が無く、先行きが厳しいです 専門家プロファイルさん  2009-02-26 13:09 回答2件
息子を後継者とするに辺り、社内に向けて行うべき事 専門家プロファイルさん  2008-09-25 14:47 回答9件