「兼業」と「競業」 - 後藤 義弘 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
後藤 義弘 専門家

後藤 義弘
社会保険労務士

- good

「兼業」と「競業」

2006/10/01 02:32

多くの会社が、就業規則などで従業員の「兼業」を規制しています。「兼業」そのものは、従業員の私生活の自由を尊重しなければならないことから、会社が一方的に禁止することはできませんが、それでも、業務への支障や、情報漏えいリスクの観点から「許可制」をしいて一定の規制を加えるのが一般的な取扱いです。
このケースでもやはり会社の就業規則等で「兼業」に関する規定をチェックしておくことをお勧めします。もしこうした規定が存在すれば、おそらくその違反(つまり「無許可」での「兼業」)に対し会社が懲戒処分を課す権限が記されている可能性が高いと思われます。

今回のご質問では、本業と週末起業の関係が「競業」関係にあるかどうかはうかがえませんが、もしその両者が同業である場合はさらに注意が必要です。さきほどの懲戒処分の問題に加え、週末起業により、あやまって本業サイドの企業秘密(例えば、ネット通販であれば顧客リスト等)を漏洩してしまい、知らずに会社に損害を与えてしまうリスクを頭においておかなければなりません。
この違反に対しては「不正競争防止法」という法律で会社の企業秘密が強力に保護されます。と同時に、違反者に対して「刑事罰」も予定されているので注意が必要です。(さらには「個人情報保護法」にもからんできます)

少しご質問の趣旨を拡大解釈してしまったかもしれませんね?「兼業」される場合のご参考にしてください。

補足

【関連Q&A】 ''週末起業''
http://profile.allabout.co.jp/pf/ysc-kaigyou/qa/detail/2228
【関連コラム】 ''週末起業 〜競業避止との関係(1)(2)〜''
http://profile.allabout.co.jp/pf/ysc-kaigyou/column/detail/9220
http://profile.allabout.co.jp/pf/ysc-kaigyou/column/detail/9221



*◆◇ 「ハイブリッド型」 社会保険労務士が企業利益をクリエイト ◇◆
''Y'Sパートナーズ社会保険労務士事務所'' / http://www.ysp-sharoshi.jp

回答専門家

後藤 義弘
後藤 義弘
( 社会保険労務士 )
代表取締役

『提案力』 『コミュニケーション力』 に自信アリ

中堅中小企業の頼れるアドバイザーとして経営上の広い課題に横断的に対応します。経営者との良い協働関係を通じ、常に有益なツールや情報をご提案し、会社利益に積極的に貢献するとともにお客様の満足を超えるパフォーマンスのご提供に全力を尽くします。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

週末起業をするなら、非正社員のほうが良い?

法人・ビジネス 独立開業 2006/09/15 03:08

インターネット通販による週末起業を考えています。現在は正社員として勤務していますが、週末起業が軌道に乗ったときには、こちらを本業にしたいと考えています。兼業するためには、正社… [続きを読む]

All About ProFileさん

このQ&Aに類似したQ&A

週末起業で成功しやすい業種を教えてください 専門家プロファイルさん  2007-12-28 11:40 回答4件
週末起業での必要経費はどの程度認められる? 専門家プロファイルさん  2008-01-31 19:10 回答1件
開業届けの時期を逸した? ottsoさん  2008-03-22 01:43 回答1件
ビジネスパートナーを選ぶ基準は? 専門家プロファイルさん  2008-01-18 10:25 回答8件
友人との起業。注意点は? 専門家プロファイルさん  2006-09-15 03:08 回答4件