制度に振り回されないようにしましょう - 栗本 大介 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
栗本 大介 専門家

栗本 大介
ファイナンシャルプランナー

- good

制度に振り回されないようにしましょう

2007/10/09 11:55
(
5.0
)

inaemiさん、はじめまして。
FPの栗本と申します。

住宅の購入を悩まれている理由が「住宅ローン減税」であるならば、あまり気にしなくてもいいのではないでしょうか。

といいますのも、住宅ローン減税で戻ってくる所得税は最大のときでも「年末の住宅ローン残高の1%」ですから、仮に2,500万円のローン残高があっても25万円です。

それに対して、もし2,500万円のローンを30年返済で組めば、現在の金利水準(約3%)で計算しても、総額で約3,790万円の返済となりますから、利息額が1,290万円。1年に換算して43万円程度になります。

ということは、住宅ローン減税がなくなったとしても、「ローンを組まずにキャッシュで購入」した方が有利と考えられますよね。

しかも、家を買われるまでの間、現在の貯蓄(約2700万円ほどでしょうか)を預けていれば、1%の金利でも27万円の利息を受取ることが可能です。

そもそも、住宅ローン減税は平成20年末以降も、形を変えて存続する可能性がある制度です(もちろんなくなってしまう可能性もありますが・・)から、それを理由に住宅の購入を急がれる必要はないと思いますよ。

評価・お礼

inaemi さん

具体的で、大変わかり易いご回答、ありがとうございます。
住宅ローン減税に関して、ほんの少しばかり聞きかじっただけで、今回のような質問をしてしまったのですが、とても勉強になり、今後への意欲がさらに沸いてきました。
また質問させて頂くことがあるかと思いますが、その際は、よろしくお願い致します。

回答専門家

栗本 大介
栗本 大介
( ファイナンシャルプランナー )
株式会社エフピーオアシス 代表取締役

商品ありきではなく、まずはお金の考え方を養うことが大切です

お金に振り回されることなく、みんなに幸せな生活を送って欲しい。それが、私がFPを続ける理由です。生活者の立場に立った、あなたの身近な「マネーの専門家」として、必要なときにはいつでもお役に立ちます。お金との上手な付き合い方を一緒に考えましょう。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

来年、家を買うべきか否か。

マネー 住宅資金・住宅ローン 2007/10/08 23:48

夫33歳 私32歳 結婚5年目に入った子供なし夫婦です。
二人とも月給約23万 ボーナ年間約2ヶ月程です。
現在、家賃8万食費2.5万他…私が夫の分も管理して、
住宅購入を目指し倹約に努めており、
私の毎月の… [続きを読む]

inaemiさん (東京都/32歳/女性)

このQ&Aの回答

ライフプラン作成をお勧めします 吉野 充巨(ファイナンシャルプランナー) 2007/10/09 08:23
住宅ローン減税に左右されないように! 辻畑 憲男(ファイナンシャルプランナー) 2007/10/09 09:58
住宅購入の件 渡辺 行雄(ファイナンシャルプランナー) 2007/10/09 19:56
ライフプランで近い将来の絵を描こう! 山中 三佐夫(ファイナンシャルプランナー) 2007/10/09 01:51
税制に左右されない購入計画を! 羽田野 博子(ファイナンシャルプランナー) 2007/10/09 05:54

このQ&Aに類似したQ&A

家計診断及び住宅購入に向けてのアドバイス マリメッコさん  2008-08-19 18:53 回答6件
月10万の住宅ローンは無謀ですか? モーリーさん  2008-07-31 23:38 回答4件
住宅ローンの返済が可能でしょうか kurukurusanさん  2014-09-10 20:37 回答1件
高額なローンを乗り切るには 購入決定済みさん  2009-12-05 03:21 回答3件
住宅購入時期と家計の見直しについて FranFranさん  2009-11-14 16:51 回答2件