まずは、実家にお世話になること。 - 菅野 庸 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

まずは、実家にお世話になること。

2007/10/08 15:43
(
4.0
)

夫からの暴力で、過呼吸をおこし失神しかけ「うっとおしい」からもう手は出さないといわれていますが機嫌が悪くなると物にあたり、その乱暴な物音で萎縮してしまいます。・・・これはもういわゆるDVになっています。
家庭裁判所でも無料の法律相談は受けていますし、30分5000円からになりますが、有料で弁護士さんに相談もできます。この場合、ご主人もあなたへの脅し文句でしょうが離婚を口にしています。できれば仲人さんでも入ってもらい、あるいは友人の仲介してもらい、あなたは疲れたので実家に帰るということで、まずは実家に帰って休息すること。離婚する意思が固まれば、先ほど書いたように弁護士さんにまずは調停をお願いすることです。暴力を振るわれた時の怪我の写真とか、診断書とか、声を録音したものがあればいいのですが。
とりあえずは、地元のいろいろな無料の法律相談でも受けてみられることです。我慢することはありません。

補足

実家に帰られたほうがいいと書きましたが、ずっととは書きませんでした。それなのに、彼の生活が成り立たないとか、いろいろなことをあなたは書いていますね。
それだと、今後いろいろな話し合いの中でつい同情して元の木阿弥状態になり、現在の生活の状況に戻る、あるいはもっとひどい対応を取られかねません。
そのため、一時的にも精神的に疲れたので、実家に帰るということを、ご両親に来てもらって話すかしてもらうことです。それで間をおかずに来てもらった日に実家に帰ってください。
それでまずは一ヶ月様子を見ることです。
自分を犠牲にする必要はありません。彼の生活も考えなければいけません。ですが、今はあなた自身の精神的休養が必要なんです。

評価・お礼

水 さん

結局、私の踏ん切り不足ということが、よくわかりました。
あろがとうございました。

回答専門家

菅野 庸
菅野 庸
( 宮城県 / 医師(精神科) )
医療法人菅野愛生会 こころのホスピタル・古川グリーンヒルズ
0229-22-1190
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

「摂食障害の相談室」を運営中。無料でメール相談に応じます

精神障害を克服するには、生活の改善、人間関係の改善が欠かせません。「自分をどう変えていくか」。それは患者さんの努力や周りの協力も必要ですが、まずはメールにてご相談ください。当院は入院治療も、経験豊富な看護師、管理栄養士とともに行っています。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

夫との話の仕方について

心と体・医療健康 心の病気・カウンセリング 2007/10/08 14:20

7年付き合い結婚11年目の夫と別れたいです。昔から優等生で性格も穏やか、いい人であった夫で家事も自主的にやってくれるのですが、何事につけ私が気に入らず、「お前は間違っている。非常識。うざい、外道」… [続きを読む]

水さん (大阪府/34歳/女性)

このQ&Aの回答

モラル・ハラスメント 茅野 分(医師(精神科)) 2007/10/08 16:51

このQ&Aに類似したQ&A

私の弟について tigerさん  2012-04-24 03:20 回答2件
主人がうつ病でないか心配です げんきさん  2007-07-02 10:24 回答1件
夫とコミュニケーションができません。 なまはげさん  2015-05-10 00:10 回答1件
虚言癖と浪費癖は治りますか mike2011さん  2015-01-23 14:13 回答1件
主人の心の状態について。 まる1001さん  2012-09-20 22:41 回答1件