会計帳簿の本来のあるべき姿 - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

会計帳簿の本来のあるべき姿

2006/09/19 14:19

''会計帳簿の記帳は本来会社ですべきものです''。
経営とは、現金の残高、預金の残高、売掛金、買掛金の残高、その他必要な会計記録を随時必要な時に見ることができてこそ遂行できるものです。
その大事な業務をアウトソーシングし、計数的に目クラの状態で経営者が経営をすることは望ましい状況でありません。
会計事務所に頼めばきちんとした記帳指導をしてくれますので、是非自分で記帳することをお勧めします。
会計は、慣れてしまえばそんなに難しいことではありません。
簿記を知らなくても帳簿はつけられます。
企業の経営という、この社会の大海原を航海していくのに、地図も羅針盤もない状況では危険です。
是非、自分の財布は自分で管理してみてください。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

記帳代行は税理士に頼むべきですか?

法人・ビジネス 税務・確定申告 2006/09/15 03:08

SOHOでデザイン会社を営んでいます。毎年の確定申告が面倒なので、申告書の作成や毎月の帳簿作成を専門家に頼もうと考えています。記帳代行自体はだれでも行えるようですが、やはり税理士に頼んだ… [続きを読む]

All About ProFileさん

このQ&Aの回答

このQ&Aに類似したQ&A

確定申告について みちおさん  2008-12-13 15:44 回答1件
小規模不動産投資の確定申告について 曇り空さん  2009-03-05 01:15 回答1件