年収負担率と破産の危機 - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

年収負担率と破産の危機

2007/09/19 13:26
(
5.0
)

初めまして、ホームローンドクターの淡河といいます。

まず、年収負担率は、通常「返済比率」と呼ばれ、各金融機関や保証会社が、
独自に基準を設定しています。

クリームさんが、既に借入できたということは、その銀行は過去の実績から、
クリームさんは返済可能と判断しているのです。
手取りで計算して30%前半であれば、きわめて優秀な家計でしょう。

ちなみに金融機関によっては、最大で55%まで住宅ローンを貸す場合もあります。

この数値は、過去のデータ分析からはじき出し、
破産しない傾向を判断しているので、信頼性が高いのです。

従って、『ネット上では30%はかなり危険』というのは、
何を根拠に説明しているのか、情報ソース等よく見極めてください。


次に、破産の危機ですが、家計はすぐに破産しません。
家計が危機に陥るには3つの段階を経ます。

1 支出が収入を恒常的に上回る
2 預金が底をつき、借入に頼らざるを得ない
3 どこも貸してくれなくなる

通常月は、「収入>支出」となり、貯蓄ができるかどうかとなり、
全く問題がないと思います。

問題となるのは、教育費または関連費用など、
ある一時期に大きな支払負担が集中する場合です。

クリームさんは、お子様が2人いらっしゃいますので、
教育費等にご注意ください。

いつどのステージになるかをチェックするには、他の方が指摘する通りライフプランをたてるのが一般的です。
(簡易診断法もありますが。)

今回では情報がないので、正確にはわかりませんがが、
クリームさんの家計は、収入とローンの数値を見る限り、破産の危機はかなり少なさそうです。
(急いで家を売る必要はないでしょう。)

正確な診断は、通常は有料サービスとなります。
ご心配であれば、有料で、優良なサービスを受けられることをおススメします。

評価・お礼

クリーム さん

住宅ローンのことばかり考えていましたが、今から教育費と老後資金も考えます。少し大変かもしれませんが、自宅を買い替えせずに頑張ろうと思えました。
ありがとうございました。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

年収負担率とは?

マネー 住宅資金・住宅ローン 2007/09/18 00:05

はじめまして。
昨年に5000万の戸建てを1000万の頭金で購入いたしました。諸費用も貯蓄でまかない、4000万の35年ローンを
全期固定と全期間1.2%金利優遇の変動のミックスで組みました。

夫、32歳の年収は税込7… [続きを読む]

クリームさん

このQ&Aの回答

年収負担率とは? 藤森 哲也(不動産コンサルタント) 2007/09/18 19:23
年収負担率の件 渡辺 行雄(ファイナンシャルプランナー) 2007/09/18 23:05
年収負担率 杉浦 順司(ファイナンシャルプランナー) 2007/09/18 19:02

このQ&Aに類似したQ&A

住宅ローンと今後のライフプラン maccoさん  2010-01-12 15:04 回答6件
土地からの一戸建て購入 TRIPさん  2010-08-02 04:43 回答5件
マンション購入に耐えられるか? *ココア*さん  2007-11-29 20:00 回答7件
団信に入れない。住宅ローンの審査、信用情報 mmsa130318さん  2014-10-30 00:19 回答1件