翌年3月15日迄に申告・納税すろことで納税額が最小となります。 - 柴田 博壽 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

翌年3月15日迄に申告・納税すろことで納税額が最小となります。

2017/08/05 11:35

ppap555さん はじめまして
FP 税理士の柴田博壽ともうします。
ご質問に回答します。
1)この設問では、贈与税は課されません。110万円を超えた金額に対して贈与税が課されることになっています。
2)お考えのとおりです。
3)贈与を受けた年分の翌年3月15日迄に贈与税の申告を行うことです。期限が過ぎた場合、贈与税本税の外、無申告加算税と延滞税等の付帯税が賦課されます。
 なお、贈与を受ける金額は、「基礎控除(110万円)をはるかに超える金額」とのことです。一体、贈与を受ける金額の総額はどのくらいなのでしょうか? 実は、『贈与を受ける金額が数百万円であっても暦年贈与の場合の基礎控除があるのだから、将来に向けて毎年110万円ずつ、十数年間にわたって、手渡したら全額非課税』と考えている人は少なくありません。
 いかにも正当性がありそうなお話ですが、これには問題があるのです。つまり、ある日一方が贈与することを約し、他の一方が貰うことを約し、数百万円の贈与契約が成立したのであれば、一年につき、110万円の定期贈与であるに過ぎないため、あくまで贈与金額は、大元の金額(数百万円)であり、贈与税課税対象金額と認定されるということになります。  
ご参考になれば幸いです。

非課税
基礎控除
贈与税

回答専門家

柴田 博壽
柴田 博壽
( 東京都 / 税理士 )
所長
03-6425-7440
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

親身になってあなたの悩みにお応えします。

FP税理士としてあなたに最適なプランをご提供します。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

贈与税と海外からの入金について

マネー 税金 2017/07/05 12:35

知人(血縁関係は一切なし外国籍)から、お金の受け取りが発生します。
私に対する投資のようなもので、最初に100万円の銀行振り込みがされます。

税金についていろいろ調べてはみたのですが、ど… [続きを読む]

ppap555さん (東京都/30歳/女性)

このQ&Aに類似したQ&A

海外からの送金(贈与税の有無) トマト66さん  2015-05-15 10:38 回答1件
確定申告が必要か否かを教えていただきたいです satoyamaさん  2016-10-17 13:38 回答1件
申告方法が全くわかりません。 ようじぇんさん  2016-01-17 15:35 回答1件
贈与税/海外送金 みここさん  2017-04-04 17:15 回答1件
親の扶養から外れた時にかかるお金は? じろおさん  2015-11-26 10:25 回答1件