生保加入の件 - 渡辺 行雄 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
渡辺 行雄 専門家

渡辺 行雄
ファイナンシャルプランナー

- good

生保加入の件

2007/09/16 16:00

takumanさんへ

はじめまして、個別相談専門のファイナンシャル・プランナーとして活動しています、渡辺と申します。

ご夫婦各々これからも収入を見込むことができますので、死亡保険につきましては、あまり必要性はありません。

正確な計算はしていませんが、1,000〜1,500万円程度で十分だと考えます。

takumanさんがお考えの通り、低減型の定期保険などは毎月の支払い保険料が、安く済みますのでおすすめです。

尚、保障と貯蓄は分けてお考えください。
貯蓄性をお考えでしたら、ネットバンクの定期預金の方が貯蓄性の保険よりもいいかも知れません。

ご夫婦で今のうちから加入しておくことをおすすめする保険としては、終身型の医療保険となります。

医療保険の場合、病気になったりすると加入できなくなったり、加入するのに割り増し保険料を支払わなければならなくなったりしますので、健康なうちに加入することをおすすめします。

尚、海外勤務になっても万が一の時には保険料は支払われますので、大丈夫です。
海外勤務前に所定の書類を生保会社に提出しておくと、保険金の支払いがスムースに行きます。

以上、ご参考にして頂けますと幸いです。また、分からないことなどありましたら、お気軽にお問い合わせください。
リアルビジョン 渡辺行雄

回答専門家

渡辺 行雄
渡辺 行雄
( 東京都 / ファイナンシャルプランナー )
株式会社リアルビジョン 代表
098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

ご相談をされたお客様が安心して生活できるマネープランをご提供

マイホームの購入資金対策、お子様の教育資金対策、ご夫婦で安心して老後を過ごすための老後資金対策など、人生には幾つものライフイベントというお金に関するハードルがあります。そんなハードルをクリアしていただくためのマネープランをご提供します。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

生命保険とライフプラン

マネー 生命保険・医療保険 2007/09/16 10:26

生命保険の選択に迷っています。
夫(32才) 年収720万円(但し、80万円は業績給)
妻(33才)育児休業中
子(8ヶ月)
住宅ローン:2005年9月取得 残高約2550万円(フラット352050万円+3年固定10年返済500万円) … [続きを読む]

takumanさん (広島県/32歳/男性)

このQ&Aの回答

生命保険について 辻畑 憲男(ファイナンシャルプランナー) 2007/09/16 13:10
迷った時の生命保険選び 大村 貴信(ファイナンシャルプランナー) 2007/09/17 21:57
金利が不安であるなら・・・ 吉野 裕一(ファイナンシャルプランナー) 2007/09/16 11:25
投資信託 2007/09/21 16:57
保険担当者 2007/09/21 17:07
医療保険 2007/09/21 17:13

このQ&Aに類似したQ&A

死亡保障は定期保険か終身保険か? oji123さん  2009-04-16 22:25 回答6件
生命保険が適当であるかどうか・・・ よちままさん  2008-11-07 21:20 回答3件
独身の高度障害への不安 あんどさん  2012-05-01 14:17 回答3件
生命保険について まねまねさん  2009-10-01 13:54 回答5件
医療保険の必要性で悩んでいます 鯛焼きさん  2013-05-02 18:52 回答1件