日常動作を改善し 消費エネルギー量を増やすこと - Noriko - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:スポーツ指導・トレーニング

Noriko 専門家

Noriko
マスターウォーキングインストラクター

- good

日常動作を改善し 消費エネルギー量を増やすこと

2017/04/20 12:31

たまやんさん、はじめまして。
私は姿勢と歩行と呼吸法の指導を専門としております
YURUKUウォーク考案者のNorikoと申します。

体脂肪を落とすためにトレーニングをなさったり
食事に気をつけておられるとのことですが
下腹に脂肪がかなりついている・・・というのが気になります。

お腹が出ている方は、姿勢のバランスと呼吸の仕方により
内臓が下がり 腹腔内(横隔膜より下)で
ぎゅうぎゅう詰めになっていると考えられます。
下に下がった内臓の行き場が無く前に出ているという状態です。

ぎゅうぎゅう詰めだと、内臓は良い動きをしづらいです。
おしくらまんじゅうをすると 動きにくくなるのと同じです。
内臓は意識しなくても24時間動いてくれますが
その動きが良くないと、消費するエネルギー量は少なくなります。

身体にとって体脂肪はエネルギーの貯蔵庫なので
消費しなかったエネルギーはその貯蔵庫に蓄えられます。

一生懸命トレーニングをしているのに 食事も気をつけているのに
なかなか理想の体脂肪にならない・・・というのは
そういったことが影響しているのではと思います。

また、筋肉痛になるトレーニングを続けておられるようですが
それをすることで、筋肉を固めてしまっていないかも心配です。

筋肉は固く縮んでしまうと、動きが悪くなってしまいます。
そうなると、偏った筋肉の使い方をしてしまい
疲れる割には、エネルギーを消費しづらい状態になってしまいます。
柔らかく 軽く良く動かせる筋肉を作ることが大切なのです。

一日の中で 一番長く行っていることは
姿勢と歩行と呼吸を含む日常の動作です。
その日常動作が身体にかなり影響を及ぼしています。
そこに目を向けられると 理想の体脂肪に早く近づけると思います。

トレーニングではなく
姿勢・歩行・呼吸を変え 身体を変えた男性の写真をアップいたします。
50代ですが、体脂肪率は10パーセント台でキープしています。

参考になりましたら幸いです。

体脂肪
呼吸法
姿勢
トレーニング
食事

回答専門家

Noriko
Noriko
( 東京都 / パーソナルスタイリスト )
YURUKUウォーク 代表取締役

歩くことは生きること~生きる喜びをともに

日常の自然な歩き方「YURUKUウォーク」考案者。筋トレやストレッチを必要としない独自メソッドで、受講生は10000人以上、インストラクターは150人を超えました。近年はオリンピック代表選手のパーソナルレッスンや企業の健康指導など多岐に渡り活動中です。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

体脂肪と筋肉

運動・スポーツ スポーツ指導・トレーニング 2017/03/30 21:37

今現在ダイエット目的で始めた運動から、痩せるだけでなく筋肉を付けて体脂肪を落としたいって感じになってきて3ヶ月経ちました、男です。
始める前はかなり太っていて、身長167センチ 体重70.4キロ 体脂肪率 26.1%で… [続きを読む]

たまやんさん (高知県/27歳/男性)

このQ&Aに類似したQ&A

スポーツ指導か?リハビリか? ぷーたろーさん  2016-05-22 20:02 回答1件
40代女性 体幹 筋力 体力をつけたい。 まゆまゆ130さん  2015-06-15 11:33 回答1件
いわゆる『細マッチョ』が目標です。 yahho0392さん  2014-01-24 00:12 回答2件
mtigさん  2015-01-14 11:49 回答1件