設計的に妥当な方法で - 森岡 篤 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:住宅設計・構造

設計的に妥当な方法で

2007/09/16 21:21

パルティータ建築工房の森岡と申します。

地盤調査、保証、健全な家(基礎)つくりは、分けて考えた方が良いです。


土の中は見えませんので、勘で決めるのでなく、地盤調査が必要です。
木造住宅では、一般にスェーデン式サウンディング試験という安価で簡易な方法を用います。
データの過信はできませんが、やった方が良いです。


品確法で求める構造骨組の10年保証を第三者が担保する保証制度がありますが、地盤に関しては含まれません。
万一地盤が沈下することで建物に支障が出た時のための保証が、地盤保証です。
地盤保証も付ける方が良いと思いますが、地盤保証を付ければ、これで基礎関係は万全かというと、必ずしもそうではないと思います。
地盤保証が適用されるかどうかの判断規定が甘いです。
明らかに傾いているのに、規定上は保証適用範囲外、という状態があり得ます。


地盤保証を受けるかどうかにかかわらず、設計的に妥当な方法を探るのが基本と考えます。
建物全体に山砂を50cm入れ、転圧する、というのやり方は、私ならやりません。
地盤保証は、基礎工法にも条件を付けると思いますが、こんな方法で保証が出るかどうか疑問です。

下の地盤が、地盤調査の結果健全の場合は、ベタ基礎でなく、布基礎として、基礎版を健全な地盤まで降ろすのが、妥当な方法でしょう。
あるいは、50cm分(+α)を、砂の転圧でなく、地盤改良をする方法も考えられます。
下の地盤が悪い場合も、悪い部分と50cmを含めて地盤改良するやり方が考えられます。

回答専門家

森岡 篤
森岡 篤
( 建築家 )
有限会社パルティータ 代表

庭を取り込む心地良い空間、永く住むためのフレキシブルな家

家づくりは、建て主にとっても、とても手間がかかることですが、苦労した結果、建物が実際に形となり、できあがっていくのは、本当に楽しいものです。遠い将来、この家に住んで良かった、と感じてもらえるような、家づくりのお手伝いをしたいと思います。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

盛土が必要な土地

住宅・不動産 住宅設計・構造 2007/09/16 00:21

今回気に入った土地にめぐり合い、新築予定です。
ただ、北面道路より40〜50センチ下がった土地の為、住宅メーカーからも盛土が必要と言われています。
元々は、周り(東と西は民家・南は畑)と同じ高さで道路… [続きを読む]

ハニさん (茨城県/35歳/女性)

このQ&Aの回答

このQ&Aに類似したQ&A

地盤と擁壁について stsyrupさん  2015-04-19 14:49 回答1件
【至急/困っています】擁壁の安全性について hiro0921さん  2015-05-15 12:38 回答1件
擁壁&高台の土地調査について malosukeさん  2016-06-30 01:57 回答1件
約18坪の狭小地に店舗併用住宅を建築するにあたって デイテさん  2013-11-06 19:17 回答4件