それは耐力壁です。 - 福味 健治 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:住宅設計・構造

それは耐力壁です。

2017/01/12 07:56
(
5.0
)

大阪で設計事務所をしております福味と申します。
リビングの中に唐突に設けられているところからして、そこにどうしても壁が必要であったであろう耐力壁と推察します。JASマークの無いOSBボードであるにしても、設計意図は耐力壁の可能性が高いです。設計者は筋交いと併用しているところから恐らくその壁で壁量倍率4.5を確保したかったのだと思います。
ですので、極力この壁を触らない方が構造耐力上賢明だとは思いますが、どうしても暗さが気になるのであれば、同等耐力を確保出来るように筋交いを入れなおす等の工夫が必要でしょう。例えば90mm角の角材で筋交いを✖印に交差させて筋交いを設ければ壁量倍率5となり、設計上の壁量倍率と近似します。それであればOSBや石膏ボードで覆う事をしなければ光は通ります。
筋交いの接合方法や柱頭柱脚金物の検討も必要ですので、専門家に図面を見せて判断してもらって下さい。

専門家
設計事務所
事務所
構造
設計

評価・お礼

emi8888 さん

2017/01/12 21:31

ありがとうございました。
とても分かりやすい説明で、諦めようかと思っていましたが代案も提案していただき希望が持てました。
一度専門家にみてもらいたいと思います。
(専門家を探すところから始めたいと思います。)

福味 健治

2017/01/13 07:59

評価ありがとうございます。
OSBボードが使用されていることからして、新耐震以降の建物であるかと判断しますが、同時に建物全体の耐震診断もお勧めします。行政によっては新耐震以降の建物でも助成金を出すところもあります。
お知り合いの専門家さんがおられないのであれば、ご相談に応じます。お気軽にお問合せ下さい。

回答専門家

福味 健治
福味 健治
( 大阪府 / 建築家 )
岡田一級建築士事務所
06-6714-6693
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

木造免震住宅を設計する建築家。

建築基準法だけでは、家の健全性は担保されません。地震に耐える家(耐震)より地震の力を逃す家(免震)が求められています。規格住宅では真似の出来ない、オリジナルな免震住宅をご提案します。全国からのご依頼に応じます。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

筋交いにOSB合板が貼ってある壁

住宅・不動産 住宅設計・構造 2017/01/11 00:55

リビングにある壁が90センチほどありその壁の筋交いにOSB合板が貼ってあります。
その出っ張ってる壁のせいでどうも部屋が暗くなり撤去しようと石膏ボードをとりました。
すると、片面のみOSB合板が貼… [続きを読む]

emi8888さん (大阪府/34歳/女性)

このQ&Aの回答

耐震性 畔柳 美知子(建築家) 2017/01/11 15:26

このQ&Aに類似したQ&A

2×4の耐力壁について さいきさいかさん  2015-03-03 00:16 回答2件
北道路、南北に短い土地の購入について。 ねこねこねここさん  2016-09-15 03:33 回答1件
新築間取りでアドバイス下さい!わ あいらぶゆーさん  2015-03-25 05:47 回答3件
西側の窓の形で迷っています glasnostさん  2015-01-10 17:35 回答2件