断熱材の厚みより家全体の温熱性能を考えましょう - 福味 健治 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:住宅設計・構造

断熱材の厚みより家全体の温熱性能を考えましょう

2016/12/18 09:33

断熱材の厚みは断熱性能の良し悪しを決定する重要な要素ですが、ただ厚くしただけでは断熱性能が良くなるものでもありません。なぜならば壁や屋根から逃げ出す熱量よりも、窓から逃げ出す熱量の方が大きい家もざらにある為です。
家の断熱性能を高める指標として温熱等級と云うものがあります。温熱等級は1から4まであり数値が上がるほど温熱性能の良い家と云う事になります。温熱等級は設計者(工務店)が勝手に行うものではなく、住宅性能表示制度や長期優良住宅制度を用いて第三者機関に客観的な評価を受ける事により取得できる等級です。申請等に費用も掛かりますが、より確実に温熱性能の良い家を造ろうと考えるならば、是非利用したい制度です。
また、温熱性能は施工の良し悪しに大きく左右されます。幾ら断熱材を厚くしても施工が不適切であれば、寒い夜に窓を全開してるのと大差ない結果になる事もあります。住宅性能表示制度を活用すれば、工事途中での断熱材検査もありますので、より確実に性能の確保が図れます。
シックハウス対策に建築確認申請時にメーカー名を記載しても差し付けありませんが、記載した以上はその製品を使用しなければならず、施主都合の仕様変更があったとしても別途変更申請が必要になり施主に余分な費用負担が発生する事になります。それを避けるためメーカー名商品名は記載しないのが通常で、検査時にどの様な製品を使用したのか検査員が確認するのが一般的です。

断熱性能
建築確認
シックハウス
住宅性能表示制度
長期優良住宅

回答専門家

福味 健治
福味 健治
( 大阪府 / 建築家 )
岡田一級建築士事務所
06-6714-6693
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

木造免震住宅を設計する建築家。

建築基準法だけでは、家の健全性は担保されません。地震に耐える家(耐震)より地震の力を逃す家(免震)が求められています。規格住宅では真似の出来ない、オリジナルな免震住宅をご提案します。全国からのご依頼に応じます。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

一戸建ての断熱性について

住宅・不動産 住宅設計・構造 2016/12/17 21:08

京都市の準防火区域に新築一戸建てを検討中です。

業者からもらった仕様書に以下書かれているのですが、断熱性において標準仕様なのでしょうか。


外壁に面する壁、屋根に面する天井、ともにロック… [続きを読む]

tihiro38さん (京都府/39歳/女性)

このQ&Aに類似したQ&A

断熱材の選択 Dutraさん  2016-09-12 23:30 回答1件
断熱性能等級4について にゃんチュさん  2016-12-25 12:03 回答1件
新築の外壁素材について turibakaさん  2014-11-15 16:23 回答2件
床下の水漏れ aaronさん  2015-11-03 13:51 回答1件
地盤と擁壁について stsyrupさん  2015-04-19 14:49 回答1件