住宅ローンの借り換えについて - 渡辺 行雄 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
渡辺 行雄 専門家

渡辺 行雄
ファイナンシャルプランナー

- good

住宅ローンの借り換えについて

2016/08/19 15:11
(
5.0
)

ヴルさんへ

はじめまして、個別相談専門のファイナンシャルプランナーとして活動しています、
渡辺と申します。

『借り換えにメリットがあると思われますか?』
につきまして、

一般的に住宅ローンの借り換えを行った場合にメリットが出るための条件として、
1.返済期間が10年以上残っていること。
2.借入残高が1,000万円以上残っていること。
3.借り換えを行った場合の金利差が1.0%以上あること。
などとなります。

ヴルさんの場合、
残りの返済期間や借入残高につきましては要件をみたしているのですが、
現在利用しているローン金利が1.175%に対して、
借り換えを検討している住宅ローンの金利が0.55%と、
思ったほどのメリットは出ず来ことになります。

ただし、金利差からはメリットは出ず来こととなりますが、
変動金利から10年固定金利に借り換えをおこなうことで、
向こう10年間は金利が固定されますので、
将来ローン金利が上がってしまうことに伴い、
返済の途中から返済額が上がってしまう心配は10年間はありません。

また、借入金額を1,700万円に減額することで、
毎月の返済額が92964円から75000円程度にまで軽減できるのですから、
家計への負担が大分軽減することが出来ます。

よって、借入金1,700万円ということで、
前向きにご検討されてもよろしいと考えます。

以上、ご参考していただけますと幸いです。
リアルビジョン 渡辺行雄
http://www.fpreal.jp/

借入金
相談
ファイナンシャルプランナー
住宅ローン
借り換え

評価・お礼

ヴル さん

2016/08/22 08:24

渡辺様

回答いただきありがとうございました。

借換の手数料金額が大きく、
プロからみるとなぜ借換?と言われるかもと思い質問いたしました。

10年固定、疾病補償範囲が広がる安心感を買うという意識で借換したいと思います。

ありがとうございました。

渡辺 行雄

2016/08/22 14:08

ヴルさんへ

お返事いただきありがとうございます。
また、多少なりともお役に立てて、何よりでした。

これからもマネーに関することで、
分からないことがありましたらご相談ください。

リアルビジョン 渡辺行雄

回答専門家

渡辺 行雄
渡辺 行雄
( 東京都 / ファイナンシャルプランナー )
株式会社リアルビジョン 代表
098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

ご相談をされたお客様が安心して生活できるマネープランをご提供

マイホームの購入資金対策、お子様の教育資金対策、ご夫婦で安心して老後を過ごすための老後資金対策など、人生には幾つものライフイベントというお金に関するハードルがあります。そんなハードルをクリアしていただくためのマネープランをご提供します。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

住宅ローン借換

マネー 住宅資金・住宅ローン 2016/08/19 08:24

このたびはお世話になります。
住宅ローンの借換を検討しております。
借り入れ当初共働きでしたが、妻が退職したため、 
家計におけるローン比率が高くなってしまいました。
(月給与 約30万円/ローン比率 31… [続きを読む]

ヴルさん (兵庫県/40歳/女性)

このQ&Aの回答

慎重に検討を 森本 直人(ファイナンシャルプランナー) 2016/08/19 16:27

このQ&Aに類似したQ&A

住宅ローンの返済が可能でしょうか kurukurusanさん  2014-09-10 20:37 回答1件
マイホーム購入の時期について ろもさん  2016-07-05 22:31 回答1件
住宅ローン審査について りりりんごさん  2016-01-18 16:07 回答1件
団信に入れない。住宅ローンの審査、信用情報 mmsa130318さん  2014-10-30 00:19 回答1件