フローリングのデザイン性 - 斉藤 進一 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

フローリングのデザイン性

2016/07/16 17:02
(
5.0
)

フローリングは壁ボードの施工前に全体を仕上げるケースが一般的ですが、廊下の長手方向と居室床の貼る方向を扉敷居ラインで縁を切って分ける手法をとる場合もございます。
(室内とクローゼット内のフローリング方向が違うことも)

また、床鳴りを防ぐ意味合いから下地の構造用合板の継ぎ目とフローリングの継ぎ目を合わせないよう大工さんが貼り始めを加工してズラす工夫をするケースもございます。

フローリングは長辺方向の端部に「さね」と呼ばれるオスメスの凸凹が付いている商品が多く、組み合わせながら施工するので、方向を変える場合凸部分を削ぎ落とす必要も出てきます。

施工中の写真があれば何かしら原因がわかるかもしれませんが、室内で部分的に方向が変わるのは施工者側の理由だと思いますので、他の先生も仰るように貼り方の変化の理由を聞いたほうがスッキリしますね。

ご参考になれば幸いです。

補足

追伸
「一枚の分厚い板で、上面が2F床板、下面が一階の天井」というのは画像の下地のような構造用合板ではないでしょうか。
自然素材に拘った住宅などでは構造用合板を使用せず、30mmくらいの杉板を直貼りするケースもあり、その際は梁や小梁の組み合わせに左右されるので、貼り方が部屋内で変わる可能性もございます。

長手方向
床鳴り
フローリング
原因
構造

評価・お礼

egoing さん

2016/07/16 21:11

 ありがとうございます。

 ご回答の中の「梁や小梁の組み合わせに左右されるので、貼り方が部屋内で変わる可能性」というような理由によるものでした。

斉藤 進一

2016/07/16 21:46

早々のご評価ありがとうございます。

違ったデザインも個性として楽しいライフスタイルになりますことを願ってます。

回答専門家

斉藤 進一
斉藤 進一
( 埼玉県 / 建築家 )
やすらぎ介護福祉設計 代表
048-935-4350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

介護福祉のことなら何でも相談できる、ワンストップ型を目指して

医者に外科・内科等あるように、建築士にも介護福祉専門家がいてもいいと思いませんか?障がい者・高齢者や団塊世代が「終の棲家」としての住まいで安心して暮らせるサポートを致します。車いす使用などバリアフリー住宅や高齢者福祉施設などもご相談下さい。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

一室内でフローリングの方向が違う

住宅・不動産 新築工事・施工 2016/07/10 19:35

何でそうなったのか分かりませんが、タイトルのようにフローリングが一室内で二種類の方向になっています。ずっと養生してあったので気づかなかったのですが、そろそろ完成という段になって目に入… [続きを読む]

egoingさん (北海道/47歳/男性)

このQ&Aの回答

このQ&Aに類似したQ&A

新築の欠陥について 住宅大好きさん  2016-07-21 13:54 回答1件
ベランダの勾配、立ち上がりについて ryocaさん  2015-09-09 10:39 回答1件
戸建住宅の室内建具の遮音扉について hanamarusanさん  2015-05-09 21:40 回答1件
納期遅れや欠陥だらけ ゆがいっぱいさん  2016-11-16 23:18 回答1件
巾木とフローリング間の隙間 APRIL4さん  2016-04-30 18:10 回答1件