フローリングが足りなくなって、最後に余った短い材料を使った - 吉田 武志 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

フローリングが足りなくなって、最後に余った短い材料を使った

2016/07/11 08:45
(
5.0
)

栃木県宇都宮市で注文住宅とリノベーションを行う工務店を経営しています、ヨシダクラフトの吉田と申します。

質問を読ませて頂きました。

1つの部屋でフローリングの貼った方向が違うとのことですが、考えられるのは、フローリングが足りなくなって、最後に短い材料を使ったので1つの部屋の中でフローリングの方向が違うのではないでしょうか?

契約した住宅会社の担当者(現場監督)もしくは、設計者に「1つの部屋でフローリングの貼った方向が違うので気になっているのですが、どうしたのですか?」と、率直に聞いてみたらどうでしょうか?聞くのはおかしなことでは無く、当然のことかと思います。

補足

回答補足いたします。

上面が2F床板、下面が一階の天井ということは、2階床板を受けている梁の方向によって
床板の方向が決まったとも考えられます。

普通に考えると、床板は同じ方向にするので、梁の方向も統一するのが普通なのですが・・・。
どちらにしても、請負者に直接聞いてみてください。

宇都宮市
栃木県
工務店
リノベーション
注文住宅

評価・お礼

egoing さん

2016/07/16 21:09

 ありがとうございます。
 補足された回答のようなことで、方向を違えてつけたということでした。

吉田 武志

2016/07/18 11:39

高い評価を頂きまして、ありがとうございます。

フローリング方向が違っても、それはそれで個性的で楽しく良い気がします。

回答専門家

吉田 武志
吉田 武志
( 栃木県 / 建築家 )
有限会社 ヨシダクラフト 代表取締役社長
028-634-9474
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

栃木県宇都宮市で注文住宅・リフォームならヨシダクラフト

栃木県宇都宮市の注文住宅・リフォーム専門の工務店です。リノベーション・大規模リフォームにも力を入れています。お客様との対話の中から、日々の暮らしを考えることで、心地よい居場所を造りたいと思います。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

一室内でフローリングの方向が違う

住宅・不動産 新築工事・施工 2016/07/10 19:35

何でそうなったのか分かりませんが、タイトルのようにフローリングが一室内で二種類の方向になっています。ずっと養生してあったので気づかなかったのですが、そろそろ完成という段になって目に入… [続きを読む]

egoingさん (北海道/47歳/男性)

このQ&Aの回答

フローリングのデザイン性 斉藤 進一(建築家) 2016/07/16 17:02

このQ&Aに類似したQ&A

新築の欠陥について 住宅大好きさん  2016-07-21 13:54 回答1件
ベランダの勾配、立ち上がりについて ryocaさん  2015-09-09 10:39 回答1件
戸建住宅の室内建具の遮音扉について hanamarusanさん  2015-05-09 21:40 回答1件
納期遅れや欠陥だらけ ゆがいっぱいさん  2016-11-16 23:18 回答1件
巾木とフローリング間の隙間 APRIL4さん  2016-04-30 18:10 回答1件