源泉徴収税額表による所得税額は正しい金額です。 - 柴田 博壽 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

源泉徴収税額表による所得税額は正しい金額です。

2016/05/20 19:58

ちびまるさん はじめまして
税理士の柴田博壽と申します。
お答えします。
ちびまるさんの5月分の給与支給額が320,028円、社会保険料が45,757円ですから社会保険料控除後の給与等の金額は274,271円ということになります。
そうすると平成28年分の源泉超税額表による扶養親族等が数1人の場合の源泉所得税額は5,780円です。正しい金額ということになります。
因みにお子さんは新生児と推認されますが、この時点ではカウントされていないのですが、扶養親族が2人の場合の税額は4,160円となる筈です。
なお、住民税が控除されていますが、これは5月分の給与収入に対して課されたものではありません。住民税は、27年分の課税所得に対し、10%の割合の税率を乗じて28年度分として課されるものです。
そして住民税は「普通徴収」と「特別徴収(給与から控除)」のうち、本人の選択制ですから、ちびまるさんが希望された方法ということになります。
これを5月以降に概ね12等分により、給与控除の方法で納税します。なお、5月分の税額から27年の課税所得は、約448万円と推認されます。
住民税の納税が加わり、税の負担感はあるかも知れませんが、あくまで27年中の所得に対して課されているもので、28年中の収入とは決して連動していません。言ってみれば28年中、無所得であった場合も納税を要するものです。
したがいまして、給与からの控除税額は正しく行われているといえます。
ご参考になれば幸いです。

源泉所得税
社会保険料控除
所得税
住民税

回答専門家

柴田 博壽
柴田 博壽
( 東京都 / 税理士 )
所長
03-6425-7440
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

親身になってあなたの悩みにお応えします。

FP税理士としてあなたに最適なプランをご提供します。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

毎月給与 税金額

マネー 税金 2016/05/20 10:13

お世話になります。
5月給与ですが税金で総支給額の27%も取られています。
税金額は合っているのでしょうか。
・35歳
・妻(無職)子供(0ヶ月)
・神奈川県横浜市
・2016年1月末 転職

明細通り記述しま… [続きを読む]

ちびまるさん (神奈川県/35歳/男性)

このQ&Aに類似したQ&A

給与収入とは? ななんさん  2013-07-01 21:36 回答1件
急いでいます。。年金受給者の確定申告 カトリせんこさん  2016-02-23 12:36 回答1件
雑所得、事業所得(白、青)の違いと、扶養の要件について ぷっちーなさん  2016-08-22 00:59 回答1件
主人を扶養にするには? まさとちゃんさん  2015-11-02 20:00 回答1件