貯蓄も多くなり、資産全体を見直す良い機会だと思います。 - 岩川 昌樹 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
岩川 昌樹 専門家

岩川 昌樹
ファイナンシャルプランナー

1 good

貯蓄も多くなり、資産全体を見直す良い機会だと思います。

2016/05/16 16:08
(
5.0
)

初めまして、FPブレーンの岩川と申します。

内容を拝見しました。現在のご夫婦での資産からも、具体的な資産管理が必要ですね。

youmeconさんのお考えのように、リフォームなど将来の出費をある程度予測管理し、「使うお金」と「使わないお金」をしっかり区別することが家計効率化の一歩ですね。

「使うお金」は、流動性重視。共同名義口座に貯蓄するというお考えで良いとお思いますが、年間300万の貯蓄ですと、2年もすれば、1,000万になりますから、この口座での管理額(上限)を決めておき、あふれた部分は投資に回してもよろしいかと思います。(または、上限が決まればはじめから積立投資にするか)

「使わない金」・・・・10年以上じっくりと寝かせることが出来る資金ならば、しっかりとリスクをとって運用されるのも良いと思います。価格変動をあるものの、十分な運用期間があれば、計画的な資産形成が可能です。
長期の場合はご指摘の通りポートフォリオ運用です。
ただ、国内公社債や先進国債券は比較的安全な資産と考えているようですが、国内公社債は、ご存じの通り、マイナス金利の影響で長期投資の対象として考えるには配分が大きく非効率的に感じます。
また、先進国債券のインデックスの最終利回りは約1%程度です。つまり、年間1%の収益を上げるために大きな為替変動のリスクを受入れる事になりますので、決して元本割れの低い安定資産ではありませんのでリスクを消化する時間が必要です。
長期投資は、価格変動に振り回されずに、保有し続けることさえできれば、元本割れを極端に心配する必要は無いと思います。

なかなか一言では、回答出来ませんが、きめ細かいプランを立てる事で、安心した資産形成が可能になると思います。

ご不明な点があれば、気軽にご質問ください。

マイナス金利
貯蓄
長期
資産形成
資産管理

評価・お礼

youmecon さん

2016/05/17 12:53

具体的で実践的なコメントありがとうございます。

>長期投資は、価格変動に振り回されずに、保有し続けることさえできれば、元本割れを極端に心配する必要は無いと思います。

うーんそうなんですね。

1.
株やREITであっても、10年以上の長期・インデックス運用であれば、もう少し比率を上げても大丈夫という理解でよいでしょうか。

2.
安全資産として国内公社債以外に、社債も視野に入れていこうかと思っています。社債を選択するときのポイントを教えてください(銘柄/償還期限など)。

3.
岩川さまの2013年の回答で、

しかし、学資目的で10年以上寝かせられる資産なら下記も良い選択肢になります。
・一時払、前納の生命保険(10年後のリターンは現時点で定期より有利)

というご回答がありましたが、これについて質問させてください。
・現状でもそうした商品はあるのでしょうか。
・保険に入るならば掛け捨て、貯蓄性保険は条件が悪いので避けるというのが多くのFP本に記載がありそのように思っていたのですが、勘違いでしたでしょうか。

以上いろいろと細かい点で恐縮ですがご教示いただけると幸いです。

岩川 昌樹

2016/05/18 10:56

1)資産配分は、価格変動耐えられるか。といったリスク許容度、リターン、また性格なども考慮します。株式、REITなどの投資を「損する可能性が高い=リスクが高い」と考えることが少なくありませんが、リスクは「価格変動の幅」を意味します。価格変動を受入れ、資産形成される期間をしっかり保有できれば問題ないと思います。
ポートフォリオにおいては株式の配分を増やすことでリスクを下げる効果もあります。

2)史上最低の金利下では、ローンは低金利で固定させるのはメリットですが、社債と言っても低金利のまま固定はあまりしたくはないですね。
(途中で金利上昇するとそのまま低金利の社債を保有しなければならないですね。実質投資機会の損失です。)
市場の金利に連動できるように、社債組み入れの投信を購入した方が、良いのではないでしょうか。

3)良い質問ですね。ご指摘の通り、保険は掛け捨てです。貯蓄性保険は間接的に債券投資をしているので、ダイレクトに債券に投資するのが有利です。貯蓄保険の利用は、投資アレルギーで、普通預金しかできない方の選択肢かも知れません。

ただ、今は、マイナス金利となり、定期や国内債券より、実際に貯蓄保険が有利な場合もありますが、金利上昇も考慮すれば、保険は保障として購入するもので、資産形成の商品と考えない方が良いと思います。

スミマセン、長くなりました。

回答専門家

岩川 昌樹
岩川 昌樹
( 千葉県 / ファイナンシャルプランナー )
FPブレーン株式会社 長期投資専門FP
043-306-5800
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

「本当に必要な資産運用」。家族のことのように考え、提案します

お客さんごとに異なるライフスタイルやリスク許容度に応じて、オーダーメイドの資産形成サービスを提供しております。資産形成を始めてみたいが、何から手を付けたら良いか解からないという方は、ぜひお気軽にお問い合わせくださいませ。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

積みあがった普通預金の投資について

マネー お金と資産の運用 2016/05/13 12:45

お世話になります。夫900万、私450(時短中のため。フルタイム復帰後は600万弱?)です。子供3歳です。
住まいはすでに所有しており、今後も購入の予定はありません。

今まで夫婦別々の財布… [続きを読む]

youmeconさん (京都府/38歳/女性)

このQ&Aの回答

投資の最初は、少しずつ。 上津原 章(ファイナンシャルプランナー) 2016/05/16 10:05

このQ&Aに類似したQ&A

老後に向けてのお金の運用について相談 porrokkaさん  2014-06-14 13:10 回答1件
これからの資産運用について となかいさん  2015-10-16 16:34 回答2件
ユニットリンク保険への切り替えについて S.Nさん  2016-04-25 05:28 回答2件